【DDT】佐々木大輔が苦悩の竹下幸之介を下し、「ダムネーション」入りを勧誘?

“カリスマ”佐々木大輔が“迷えるDDTのエース”竹下幸之介を下し、「D王 GRAND PRIX 2021」初戦で白星発進。試合後には、竹下を「ダムネーション」に勧誘する余裕すら見せた。

 22日、後楽園でDDTの最強を決めるリーグ戦「D王」が開幕。Aブロックでは、佐々木と竹下が激突した。竹下はジャンピング・ラリアット、テキサスクローバーの形からジャイアントスイング、投げ捨てジャーマンなどで攻め立てたが、佐々木はスタンドでのクロスオーバー・フェースロックで捕獲。そのまま、グラウンドに移行して、絞り上げると、竹下からギブアップを奪った。

 佐々木は「オイ、見ての通りだ! 有言実行だ! 俺には秘策があるって言っただろ。このまま俺が全勝優勝だ。それと竹下! 何があったか知らねぇけど、迷いがあるんじゃねぇのか! だったら、『ダムネーション』に来たらいいんじゃねぇのか!?」と不敵に語った。

 初戦を落とした竹下は「本当に甘いですね。こんなんじゃダメなのに。こんなんじゃ、一生秋山準を超えるときなんか来ないですよね。会見でも言ったけど、言葉だけで。なんとしてでも、このリーグ戦はがむしゃらに、どんな泥臭くてもいいから、なんとかして勝ち上がって、決勝。そして優勝。今のままじゃダメです。それは自分が一番わかっています。がんばります、ここから」とガックリうなだれながらも、自身に言い聞かせていた。また、報道陣から佐々木が勧誘していたことを問われると、竹下は「それも自分を変える、一つの道なのかもしれないですね」とよもやのコメントを残した。

竹下は3日の東京・大田区体育館大会で秋山準との一騎打ちに敗れ、「僕がやってきたこと、信じて歩いてきた道っていうのは、正解じゃなかったのかもしれません。間違っていたなんて、そんなこと思いたくないですけど、やってきたことが間違っていたのかなって思いました」と発言。その後、精神的な迷いが吹っ切れていない様子だが、なんとか乗り越えて、この先の公式戦を闘ってほしいものだが・・・。

D王 GRAND PRIX 2021 in KORAKUEN HALL!
【日時】2020年11月22日(日)
【会場】東京・後楽園ホール

▼アンダーマッチ 15分1本勝負
○渡瀬瑞基&岡谷英樹 vs 納谷幸男&中村圭吾●
5分54秒 エビ固め
※ウラカンラナを切り返す

▼オープニングマッチ 4WAYタッグマッチ 30分1本勝負
○坂口征夫&赤井沙希 vs 高尾蒼馬&マッド・ポーリー vs 大鷲透&平田一喜 vs 男色ディーノ&アントーニオ本多●
7分23秒 アナル・スリーパーホールド

▼第二試合 Aブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○彰人 vs MAO●<1戦1敗0点>
7分8秒 オクトパスドリーム

▼第三試合 Aブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○HARASHIMA vs クリス・ブルックス●<1戦1敗0点>
11分13秒 片エビ固め
※蒼魔刀

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1敗0点>●竹下幸之介 vs 佐々木大輔○<1戦1勝2点>
13分45秒 クロスオーバー・フェースロック

▼第五試合 Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○大石真翔 vs 勝俣瞬馬●<1戦1敗0点>
7分39秒 フジヤマ・ニーロック

▼セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○上野勇希 vs 樋口和貞●<1戦1敗0点>
11分49秒 体固め
※WR

▼メインイベント Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
<1戦1勝2点>○遠藤哲哉 vs 秋山準●<1戦1敗0点>
14分0秒 片エビ固め
※シューティングスター・プレス

(写真提供:DDTプロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事