【新日本】小島が辻をラリアット葬!小島「まだまだ続く若手との闘い。俺はまだ、全ッ然、元気だから!」<11.22長野大会>

新日本プロレスは22日、長野・佐久市総合体育館にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第1試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月22日(日) 15:30開場 17:00開始
会場:長野・佐久市総合体育館
観衆:838人

▼第1試合 20分1本勝負
本間 朋晃 & 〇小島 聡
vs
×辻 陽太 & 永田 裕志
8分53秒  ラリアット→体固め

 

▼試合後バックステージコメント

 

本間「いやあ、今日も、俺が、負けました。辻陽太、強かった。勢いがすごくて。でも、こういうの好きですんで。やっぱり、見習うとこたくさんあるし。ガツガツした感じ。俺だって、見習っていきたいし。こんなとこで終わる俺じゃないから。もう1回、(頂点を)目指すから」

小島「日々、強くなっているゲイブ(リエル・キッド)と辻陽太。おそらく昨日、おととい、その前の日、3日前ぐらいからもどんどんどんどん成長して、またさらに進化してると思う。その伸びしろの高さは認めるし、お前たちが本当に今、どんどんどんどん上がっていってる、上がるしかない、そういう状態なのはわかってる。さもさ、くしくもこのコロナの自粛期間の時に、棚橋弘至が言った。『プロレス貯金しましょ』って言ったよな。俺は、“プロレスラー貯金”をいっぱい持ってる。これまで29年間、ずーっと貯めてきた“プロレスラー貯金”っていうのが、たくさんたくさん詰まってんだ。まだまだその分、貯金を切り崩さないと、辻とかゲイブはかなわないと思うぞ。俺のこの“プロレスラー貯金”、いくらあるか知りたいか?それは、内緒にしておこう、とりあえず。そういうことだ。まだまだ続く若手との闘い。俺はまだ、全ッ然、元気だから!」

永田「(※辻がコメント発することなく控室に向かうのを見て)いいのか、何も言わなくて?いけるよ、いける。すぐ勝てる、すぐ勝てる。あの勢いならすぐ勝てますよ。チキショー、今日は悔しい。今まで以上に。明日、倍返しする」

※辻はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事