【WWE】中邑がクルーズをキンシャサ葬もバトルロイヤルで無念の脱落

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 日本時間11月23日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「サバイバー・シリーズ」が配信された。

中邑真輔がPPV「サバイバー・シリーズ」のキックオフショーでバトルロイヤルに参戦した。

ロウ&スマックダウンの両ブランドから18人のスーパースターが集結したこの闘いで中邑はセドリック・アレキサンダーやリコシェ、チャド・ゲイブル、ミズらと攻防を展開すると、エプロンのアポロ・クルーズにはキンシャサを叩き込んで場外へ脱落させた。

最後の6人に残った中邑だったが、ジェフ・ハーディに捕まると低空ドロップキックを食らってしまい無念の脱落。

試合終盤にはミズ、ドミニク、ゲイブルの3人が残るとドミニクがミズを場外へ蹴り落し、ゲイブルには619を決めて最後の1人になったと思われたが、実は生き残って隠れていたミズが背後からドミニクを投げ飛ばして優勝。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ドミニクを出し抜いたミズはMITBブリーフケースをコーナーで掲げて勝ち誇った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事