【新日本】ヘナーレが決めた!待望の1勝目をEVIL&裕二郎からGET!!<11.24福島大会>

新日本プロレスは24日、福島・ビッグパレットふくしまにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第3試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月24日(火) 17:00開場 18:30開始
会場:福島・ビッグパレットふくしま
観衆:469人

▼第3試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦
〇トーア・ヘナーレ & 棚橋 弘至(1勝4敗=2点)
vs
×高橋 裕二郎 &  “キング・オブ・ダークネス”EVIL(3勝2敗=6点)
13分03秒  TOAボトム→片エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

  

棚橋「(※左人差し指を1本突き立てて)やっと1勝。でも、この1勝は、すごく大っきい。すごく大っきい1勝だと思う。ヘナーレが頑張ってる。じゃあ俺は何をしてる? 今日は、いろんなものを、いろんな意識を変えてくれる、チェンジするビッグウィンです」

--同じ1勝でも最後、ヘナーレ選手が決めたことに大きな意味があるんじゃないですか?

棚橋「そうですね。やっぱり、タッグマッチのタッチの妙っていうかね、最後に俺が権利持ってなくても、そうならないこともあって。でも、どっちも勝てるっていうのが、きっとね、タッグの強みだから。これを一つの形として、体にしみ込ませていきますよ。(※ヘナーレに向かって)サンキュー」

ヘナーレ「(※棚橋と入れ替わる際に)タナハシ、サンキュー。4年だ、4年。この団体に初めて上がってから4年で、一番大きな勝利だ。いまだにやられてばかりだし、ヤングライオンと大差ないと思われても仕方ない。もしかするとこの3年間、誰よりも負けが多かったかもしれない。でも俺は、世界を見わたしてもトップの選手たちと肩を並べて同じリングで闘ってる。厳しいけど、だからこそやりがいがある。それに俺には何があってもあきらめない強い気持ちがある。今日は俺自身にとって大きな勝利になったけど、これでまだ満足はできない。もっと強くならないと、俺はここで終わってしまう。今日もまた裕二郎がダーティファイトを仕掛けてくるだろうってわかっていた。やっとあいつにやり返せた。何度でも言うけど、俺は死ぬまで決してあきらめない。イシイ&ヤノ、そしてシンゴ(鷹木)&SANADA……一筋縄では1かないだろうが、この勢いのまま、絶対に勝つ。覚悟してかかってこい!」

※EVIL&裕二郎はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事