【新日本】ジュース&フィンレーを撃破し、ファレ「今日レフェリーに支払った金額が妥当だったということだな」<11.24福島大会>

新日本プロレスは24日、福島・ビッグパレットふくしまにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第2試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月24日(火) 17:00開場 18:30開始
会場:福島・ビッグパレットふくしま
観衆:469人

▼第2試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦
×デビッド・フィンレー & ジュース・ロビンソン(2勝3敗=4点)
vs
チェーズ・オーエンズ & 〇バッドラック・ファレ(1勝4敗=2点)
9分03秒  グラネードランチャー→片エビ固め

▼試合後バックステージコメント

オーエンズ「どうだ見たか。ここまで負け続けてきたけど、作戦を練り直した。その結果、ようやく1勝だ。ここから巻き返してくぞ。ファレ、やっと勝ったな。信じられるか?」

ファレ「今日レフェリーに支払った金額が妥当だったということだな」

チェーズ「ちなみに言っとくが、払ったのは俺だからな」

ファレ「まあどっちが払ったにせよ、うまくいったんだからいいだろ」

チェーズ「前回までの金額じゃ低すぎたってことか……。あっ、それから今日初めて披露した秘密兵器。あの連係技だけど、名前はなんだ?」

ファレ「グラネード……ランチャーだ!」

チェーズ「よし、あと4試合。このグラネード・ランチャーで勝ちまくるぞ。この技さえあれば、俺たちは無敵だ」

※ジュース、フィンレーはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事