【新日本】小島が連日の若手斬り!小島「永田裕志が昨日、怒りのコメント出してました。久しぶりに見る、あれは永田裕志、本気で怒ってるっていうのすぐわかる」<11.24福島大会>

新日本プロレスは24日、福島・ビッグパレットふくしまにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第1試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月24日(火) 17:00開場 18:30開始
会場:福島・ビッグパレットふくしま
観衆:469人

▼第1試合 20分1本勝負
本間 朋晃 & 〇小島 聡 
vs
×辻 陽太 & 永田 裕志
9分18秒  ラリアット→片エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

本間「ああ、テラカド(辻)の勢い、すさまじい。もうね、後ろが見える。いや、もう追い越されてる。この郡山、準地元、いや地元で、こけしがまったく当たらなかった。この無様たるやなんたるや。もう反省しかないです。ただ俺は、この位置じゃ負けられないから。俺は絶対、上を見て、上とってやる」

小島「これで、これで何連勝ですか。まあいいや、そんなの数えなくても。永田裕志が昨日、怒りのコメント出してました。久しぶりに見る、あれは永田裕志、本気で怒ってるっていうのすぐわかる。俺は何年、ずーっとずっとあの男と一緒にいる。あれはほんとの憤りだと思う。でもさ、永田裕志ちょっと勘違いしてるよ。ただの若手じゃないんだよ、ゲイブ(リエル)も辻も。ヤングライオンていう名前しか付いてないけど、ハッキリ言ってあいつらの実力、もう俺たちと何も変わらないぞ。それだけは永田裕志、ずっと組んでるからわかんないかもしれないけど、対戦してみればすぐわかるよ。な? あとは辻、お前もすごく、とてもいいいもの持ってる。これを、俺が今こんなこと言ってもしょうがないけどさ、ただ俺は、自分のプロレスを貫くだけだからさ。今こういう、このタッグリーグにでてること。本戦に出てなくたってさ、本戦じゃなくたって、俺のやることはいっぱいある。なんでもできるよ。な? そのつもりで、このシリーズも残り全部、闘っていこうと思う。(※大胸筋に何度も力を込めながら)この、この、この体を見れば自ずと、またこのシリーズ後にも何か見えてくると思います」

--白星続きで“プロレスラー貯金”にどんどん利子がついていってるんじゃないですか?

小島「そうだ、“プロレスラー貯金”だ。そろそろおろさないとね。あまりにも多くて、ちょっと自分でも持ちきれなくなってしまう。口座にも入りきらなくなってるって言われてるんで。それを出せるように、楽しみにしてるよ、辻もゲイブも。ほかの若手も楽しみにしてるよ」

永田「今日はかく乱されたっていうか、やられたって感じだったよ。今日はこいつ(辻)頑張った。こいつ頑張った。すごい成長ですよ。2年? デビューして3年か? すごく頑張った。倒すのも時間の問題だ。よく頑張った。強いよ」

「何度やられても、立ち上がる。それが新日本の道場で育ったヤングライオンの姿だ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事