石川修司が鼠径(そけい)ヘルニアを発症で手術!2月いっぱいの休養を発表!

佐藤耕平とのツインタワーズでその強さを見せ続ける石川修司が自身のブログにて
鼠径(そけい)ヘルニアを発症した為に手術を行い、2月いっぱい休養する事を発表した。

以下公式ブログより

ご報告

お世話になっております。

11月半ばに鼠径ヘルニアを発症致しまして、明日の町田大会が終わりましたら1月末に手術し、2月一杯プロレスをお休みします。

痛みと違和感があり、腹圧をかけると痛みが増、試合、トレーニングに影響が出る為手術する事にしました。

手術自体は大した事ない手術なんですが、
1ヶ月運動禁止なのでちょうど他の身体の痛めている部分も一緒に治そうと思います。

3月からはまた暴れたいと思いますので、各団体の皆様オファー下さい(笑)

突然の発表で申し訳ございませんが
今後とも応援の程宜しく御願いします!

3月より復帰予定との事なので、パワー溢れるファイトの復活に期待したい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事