【DDT】K0-D無差別級王者・遠藤哲哉がハードコアスタイルの勝俣瞬馬を破り、「D王」Bブロックで早くも単独首位!

 KO-D無差別級王者・遠藤哲哉がハードコアバージョンの勝俣瞬馬を破り、得点を4に伸ばし「D王 GRAND PRIX 2021」Bブロックで早くも単独首位に立った。

 同公式戦の開幕戦となった22日の後楽園大会で秋山準を下した遠藤は、27日、成増アクトホール大会で「オールアウト」の勝俣と対戦。

“スーパーハードコア”版のいでたちで登場した勝俣は、リングアナのコール直後に背後からイスで遠藤を殴打。場外に転じると、イス、金具で攻め立てた。

ようやくゴングが鳴って、闘いの場がリングに戻ると、勝俣は爪で背中をかきむしり、脱いだシャツで首を絞め、ブロック玩具付きバットで一撃するなどラフファイトを展開。

耐えた遠藤は雪崩式のフェースバスターから、シューティングスター・プレスを見舞うも、勝俣は剣山でカット。それでも、冷静に対応した遠藤はオーバーヘッドキック、ゆりかもめ、クロス・フェースロック、ゆりかもめへとつなぎ、最後は変型ゆりかもめへと移行し、ギブアップを奪った。

 

 この日、Bブロックでは上野勇希が高尾蒼馬に、大石真翔が樋口和貞に敗れたため、得点4で単独トップとなった遠藤は「順当に2勝目。Bブロック単独1位。後楽園で秋山選手から取った後に言った通り。残り、何試合かわかんないけどすべて俺がいただく。全勝優勝だ」と改めて宣言。さらに、遠藤は「どんな試合形式でも対応できるのがチャンピオン。(勝俣は)別に変貌しようがしまいが中身が変わってないから何も関係ない。サウナで調子を整えているようじゃ俺には勝てない。サウナは好きだけど、サウナを強要してくるヤツら(サウナ部)が嫌い。それを押し付けてくるヤツらは死ねばいい」とコメント。

 

【大会名】D王 GRAND PRIX 2021 in NARIMASU (FREE!)
【日時】2020年11月27日(金)
【会場】東京・成増アクトホール
【観衆】未発表

オープニングマッチ 30分1本勝負
大鷲透&松永智充&●中村圭吾 vs MAO○&納谷幸男&岡谷英樹
7分45秒 エビ固め
※みちのくドライバーⅠ

第2試合 Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
○樋口和貞<2戦1勝1敗2点> vs 大石真翔●<2戦1勝1敗2点>
9分7秒 ブレーンクロー

第3試合 Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
●上野勇希<2戦1勝1敗2点> vs 高尾蒼馬○<1戦1勝2点>
12分1秒 公認エンドレスワルツ

第4試合 Bブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
○遠藤哲哉<2戦2勝4点> vs 勝俣瞬馬●<2戦2敗0点>
11分45秒 変型ゆりかもめ

セミファイナル Aブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
○坂口征夫<1戦1勝1不戦勝4点> vs クリス・ブルックス●<2戦2敗1不戦勝2点>
10分45秒 変型羽根折り固め

メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
●彰人<2戦1勝1敗1不戦勝4点> vs 竹下幸之介○<2戦1勝1敗2点>
29分32秒 体固め
※サプライズローズ

Aブロック公式リーグ戦
□MAO vs 佐々木大輔■
※不戦勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事