【爆破甲子園】“三世対決”は大鵬の孫・納谷幸男が力道山の孫・力を制す!

 29日、鶴見大会のセミファイナルでは、昭和の時代に大きな名を残した、大横綱・大鵬さんと力道山の孫同士による対決が実現した。

 大鵬さんの孫で、元関脇・貴闘力の長男である納谷幸男は、元十両・星誕期とタッグを結成。力道山の孫で百田光雄の息子・力は今成夢人とコンビを組んで激突。

 力が祖父の得意技であるチョップを連発すれば、納谷はエルボー、キックで対抗。

最後は納谷がヒザ蹴りから、急角度のバックドロップを決めて今成からフォールを奪った。

 試合後、力が一騎打ちを要求したが、納谷は「今日は余裕。もうあんな女子レスラーのことしか考えていないような奴とシングルは、ちょっと勘弁してほしいなって思いますね。また次があるならあるでいいんじゃないですか。またこの『爆破甲子園』のリングで」とコメント。

 報道陣から、「力選手が考えている女子レスラーって誰なんですか?」と突っ込まれると、納谷は「何かたくさんいるみたいです。固有名詞は・・・。あえて一人? チェリーさんですかね」と暴露。

 力は「自分の長年のタッグパートナーである今成選手を、これだけボコボコにやられて黙っていられないんで! また力道山と大鵬、お互いに偉大なおじいちゃんを背負っているっていうのもありますし、このままでは終われないです。次はシングルで納谷選手ととことんやり合いますよ。力道山から受け継いだチョップと、百田光雄から受け継いだバックドロップで納谷選手を倒してみせますよ!」と力強く語った。

だが、話がチェリーのことに及ぶと、力は「プロレスのことにプロレスじゃないことを持ち込むとは、公私混同。ワケ分かんないこと言う奴は、リングの上で叩き潰してやるよ!」と赤面していた。

【大会名】爆破甲子園2020~電流爆破生誕30周年記念~
【日時】2020年11月29日(日)
【会場】神奈川・鶴見青果市場
【観衆】未発表

第一試合 30分1本勝負
○リッキー・フジ vs 伊橋剛太●
6分11秒 体固め
※9999

第二試合 30分1本勝負
○魔苦・怒鳴門 vs 渡瀬瑞基●
11分39秒 股間を押し付けたため

第三試合 30分1本勝負
○まなせゆうな vs 林亜佑美●
6分48秒 片エビ固め
※鈴木ダイナミック

セミファイナル 力道山3世vs大鵬3世 30分1本勝負
力&●今成夢人 vs 納谷幸男○&星誕期
12分25秒 体固め
※バックドロップ

メインイベント 史上初!空中時限爆弾&電流爆破バット×3デスマッチ 時間無制限1本勝負
大仁田厚&●メカパンディータ&ランボー川村 vs 杉浦貴○&NOSAWA論外&門馬秀貴
12分28秒 片エビ固め
※電流爆破バットフルスイング

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事