【新日本】小島が辻&ゲイブを挑発!「辻、ゲイブ、残り少ないぞ、オマエたちの時間!オイ、俺にリベンジしてみろ、次こそ!」<11.29後楽園>

新日本プロレスは29日、東京・後楽園ホール にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第1合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月29日(日) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

▼第1試合 20分1本勝負
本間 朋晃 & 〇小島 聡
vs
×ゲイブリエル・キッド & 永田 裕志
7分52秒  ラリアット→エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

本間「今日まで何試合? ゲイブとやってきた中で、今日が一番小島さんが、いや、我々のチームが、危なかった。アイツは日々成長している。俺だって、負けらんねぇっつーの!こんなところで、立ち止まってらんないっつーの!ゲイブ、オマエはすげぇよ!いつでも、どこでも、シングルマッチ、“やってやる”なんて、上から言うこともない。胸を貸すとか、そんなこともない。対等の……いや、アイツが上かもしんない。そんな気持ちで、アイツとシングルマッチ、やりたいと思います。毎日が、楽しくてしょうがないです!」

小島「1試合するごとに、俺はどんどん若返っていく。ヤツらの若いエネルギーを全て吸い取って、1日ずつ、1試合ずつ、若返ってる。5歳ずつ若返ってる……いや、3歳ずつか。3歳ずつ若返ってるとして、9試合で、3×9=27、それだけ若返ってる。50-27……いくつだっけ、とりあえず若返ってる。この体のツヤ見ろよ!(※と、カメラに向かって頬を指さす)この筋肉のツヤ見ろよ!(※と、カメラに向かって腕の筋肉を誇示)オイ、あと何試合残ってる?辻、ゲイブ、残り少ないぞ、オマエたちの時間!オイ、俺にリベンジしてみろ、次こそ!」

永田「(※「チクショー!」と言いながらインタビュースペースへ)ゲイブが伸びてたからな、今日こそ勝たせてやりたかったな。アー、残念。やっぱり、最初つかまってしまったけど、でも、やっぱり挽回して、後半の、『お返しするぞ!』という気持ちでやったゲイブの攻撃は、前よりもずっと成長した跡が見えたし。だからこそ最後勝たせてやりたかった。そういうことです。(※控室に向かいながら)あと一つ!今シリーズは」

ゲイブリエル「このシリーズ中、毎回ラリアットでやられてる。威力の強い技だけど、こうしてコメントを残せてるだけまだラッキーだと思う。コジマとホンマ、2人に勝てるだけの力はあるはずなのに、一勝もできてない。その事実が本当に悔しい。コジマ、ホンマ…いいかまだまだお前たちとの試合は続いてく。2人まとめて俺が潰してやる。これ以上やられっぱなしで終わるわけにはいかない」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事