【新日本】小島&本間が10連勝!本間「辻、今日は思いっきりやれて良かった。日に日に強くなってる。俺はだけど絶対負けない!」<11.30後楽園>

新日本プロレスは30日、東京・後楽園ホール にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第1試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月30日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:557人

▼第1試合 20分1本勝負
本間 朋晃 & 〇小島 聡
vs
×辻 陽太 & 永田 裕志
7分32秒  ラリアット→片エビ固め

 

▼試合後バックステージコメント

本間「今日で10連勝。強い。でも今日はあえて俺は永田を挑発して、永田から獲りたかった。ゲイブと辻は成長、日に日に強くなって、強くなって。今日だって小島さん、ぶっちゃけ、やばかったね。それぐらい、日々成長してるのに、何? 永田おまえ、子供を見る親みたいな優しい眼差しで、リングに立ってそれで満足か? 俺は違う! 俺は、スゲー高いとこに目標を持ってやってるから。だからこそ、今日出だし永田のほっぺたを思いっきり張り飛ばしてやった。目を覚まさせてやろうと思った。俺と、俺とか小島とか永田、まだまだこれからだろ! うん。上んとこ目指して、ここに夢見てんじゃねーの? そういう思いで、俺はあえて思いっきり張り飛ばしてやりました。悔しいか? 悔しいか? 次、楽しみにしてます。永田さんの、永田裕志の次の対戦楽しみにしています。ただ一つ、やっぱり、辻、今日は思いっきりやれて良かった。日に日に強くなってる。俺はだけど絶対負けない!」

小島「今日も今日とて、ヤングライオンがいて。だけど毎日毎日、とても新鮮な気持ちで試合させてもらってる。2ヶ月、休んでいたっていうのも差し引いたとしても、とても新鮮な気持ちで毎日迎えることができる。1日寝て起きれば一番ピークと言われている、言われていた35歳ぐらいに戻ることができる。今日も今は試合が終わったばっかりでまだ実年齢になってしまってるけれど、一晩寝たら、明日起きたら35歳になる。そういう身体を持って今日までプロレスやってきた。そういうことだ。辻、そしてゲイブ、あと上村もまあヤングライオンだな。ヤングライオンと言われている人間、教育係……かもしれないけどさ、ただの、そんじょそこらの教育係じゃないぞ。どうする? このまま俺がずっと勝っちゃっていいのか? 明日、明日、明後日か。大阪大会やって別府やってそれで終わりか? 鹿児島大会やってそこで当たるのかわかんないけど、とにかく残りの少ない時間辻もゲイブもよ〜〜〜く考えろ! 自分の頭でプロレスとは何なのか、小島聡、第3世代は何なのか。プロレスに勝つということはどういうことか。全て自分自身で考えろ!」

永田「あーチキチョウ! 今シリーズ、辻、ゲイブ引き連れて小島、本間とぶつかった中、残念ながら一つも勝てなかったな。彼らが日に日に成長している、とにかく一つでも勝てばと思ってね。だけどダメだった。これからって時にまた去るのは残念ですけど、次いつリングに上がるかそれは誰も知らないけど、とにかく一先ずリングの上で次の出番までに鍛え上げて、また、より力強い永田裕志を披露します」

「日体大の後輩として、少しでも永田さんに成長したとこをアピールしたかったが、結果として俺はこのシリーズ小島さんに全敗だ。まだまだ、永田さんに認められるような選手には程遠い……」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事