【大山峻護 特別インタビュー】憧れのプロレスのリングへ!3/20(月・祝)DDT プロレスリングさいたまスーパーアリーナ大会でプロレスチャレンジ!!

<チャレンジのきっかけ、DDTプロレスリングの魅力>

山口:DDTプロレスリングでのプロレス「チャレンジ」のきっかけについて伺いたいのですが、食事を自分もご一緒させて頂いた際に高木大社長から軽いオファーを受けていましたよね?あの時がきっかけですか?

大山:そうですね!DDTさんは、何回か試合を見させてもらって凄く面白い団体だなと思っていました。共通の知人に誘われた食事会で高木さんとお話しして、「プロレスどうですか?」と言っていただいて。

山口:最初のオファーは、軽く、って感じでしたよね。

大山:「いやいやいや……」って言いながら、実はすごくうれしかったんです。憧れのプロレスラーから誘ってもらったのは最高のプレゼントだけど、自分の体がボロボロなのもわかっているし、今からプロレスにチャレンジするというのは想像できませんでした。そのときは、「お言葉はうれしいけど、できません」と伝えました。それからもう一度食事する機会があって、そこで高木さんに「今度会う時、具体的な話をさせてください」と言われて、それから「3月20日のさいたまスーパーアリーナでチャレンジしませんか」と言われたんです。
僕がプロレスをやろうと思った動機は三つあって、まずは昔からプロレスファンだったから、子供のころの夢を形にできるチャンスをもらったということ。それから、高木三四郎さんの人間性が素晴らしいこと。この人なら任せられるな、という誠実さを感じました。もうひとつが、さいたまスーパーアリーナで戦う最後のチャンスだということ。現役格闘家としてPRIDEにいた頃は、この会場で試合をやっていたけど、格闘技人生の後半はもっと小さい会場でやっていたんです。そのころにすごく多くの人と出会いましたから、その人たちに、さいたまスーパーアリーナで戦う姿を見せたかったなというのが、ずっと心残りだったんです。

山口:大山さんは「一度きりのチャレンジ」っておっしゃってたけど、僕としては、一度で終わらせてほしくないです。格闘家・大山峻護を応援していた人なら、そう思う方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。プロレスのリングでも大活躍する姿を楽しみにしています。硬くならず、大山さんらしさを見せてほしいです。

大山:いろいろな感情が入り混じっています。リングに上がるまでが不安ですが頑張ります!

山口:ちなみにDDTのプロレスをご覧になった印象って、どういう風に感じました?

大山:純粋にハッピーになれたんですよね。おもちゃ箱みたいで、お笑いの要素が強い試合もあればシビアな試合を見せてくれたり、純粋に楽しい。

山口:エンターテイメントをDDTは標榜されてますね。

大山:いい団体だな、と思いました。坂口征夫さんがメインでチャンピオンになった大会(2015年8月23日)を見に行った時に感動したんですよね。すごくハッピーになりました。坂口征二選手の息子ということでいろいろなプレッシャーがあったと思うんです。DDTのリングでチャンピオンになって、ものすごくハッピーエンドだったでしょ。おみこしに担がれて。それを見てすごく幸せな気持ちになりました。いいものを見せてもらいました。

山口:選手を大事にしてますよね。

大山:そうなんです。選手たちもDDTという団体、高木三四郎という人を愛しているのが、見ている側に伝わってくるんですよ。愛が伝わってくるんです。だから、いいなあと、純粋に思いました。

山口:その時に、自分もあそこにいたらなぁとか感じましたか?

大山:一員になれたなら幸せだなあ、とは感じていたと思います。

山口:格闘技は一人でやっているけど、プロレスはチームでやっている、そういうところで違いはありますね。

大山:みんなで作り上げてゆく、というところがありますね。

山口:人の協力があって盛り上げていくというところがありますね。

大山:愛を感じましたね。

山口:ハッピーになったり、愛情を感じるような、「おもちゃ箱」がDDTの印象だと思うんですけど、ほかの団体はご覧になってましたか?

大山:ノア、新日、女子プロレス、マニアックなところだと、もうなくなっちゃったんですけど、最後リングにミミズが落ちてきたんですよ……エルドラド、そういうインディ団体も観戦していました。

山口:大山さんって、格闘家を引退した後、今までもプロレスのオファーがあったでしょう?

大山:特になかったかなあ……。プロレス好きとは言っていなかったので、あまり知られてないですね。

山口:僕もこないだ会うまで、大山さんがこんなにプロレスが好きだとは思いませんでしたよ。

大山:今でもプロレスラーに会うと緊張しちゃいますね。リスペクト感があるので。

山口:プロレスラーの丸藤さんとはもともと交流がありますよね?

大山:丸藤さんも共有の知人がいて、一緒にご飯を食べてから仲良くさせてもらってます。すばらしいですよねー。感服してます。

山口:大山さんがディファの試合(パンクラス)で引退した時(2014年12月6日)、ちょうど同じ日にノアの試合やっていたじゃないですか。僕もその時ノアの仕事を手伝っていたんですよが、丸藤さんが「大山さんの引退試合にどうしても行きたかったけど、完全にバッティングして」って言ってました。

大山:確かノアさんが有明コロシアムでやってたんですよね。エールの交換してたのを覚えてます。

山口:あまりプロレス愛を表明していなかった中で、たまたま高木さんが見初めて、センスを感じて、オファーしてもらったという感じですね。

大山:自分にとっても悩みましたが今回のオファーは嬉しかったですね。

 

⇒次ページ(格闘家・大山峻護のプロレス愛 その1:戦うレスラーとして)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。 その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。 プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。 またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4 5