【WWE】中邑真輔がオーティスとのシングル戦で屈辱の敗戦

日本時間1219日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

◆中邑真輔がオーティスとのシングル戦で屈辱の敗戦

中邑真輔(withセザーロ)がオーティス(withチャド・ゲイブル)とシングル戦で激突した。

中邑はオーバーヘッドキックやランニング・ニーから蹴りの連打で攻め込むとオーティスもクローズラインやスプラッシュを叩き込んで反撃した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにオーティスが必殺のキャタピラーを狙ったが、ここでセコンドのゲイブルが「違う!ここはスープレックスだ」と指示をすると、この隙に中邑がオーティスを丸め込んだがカウント2。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

チャンスを逃した中邑はオーティスにスープレックスからのリバース・スプラッシュを決められて屈辱の敗戦を喫した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事