【WWE】中邑&セザーロがチームワーク発揮も8人タッグ戦で勝利ならず

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間12月21日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「TLC」がライブ配信された。

◆中邑&セザーロがチームワーク発揮も8人タッグ戦で勝利ならず

中邑真輔&セザーロがサミ・ゼイン、キング・コービンとタッグを組んでPPV「TLC」のキックオフショーでオーティス&チャド・ゲイブル&ビックE&ダニエル・ブライアンと8人タッグ戦で激突した。

序盤、セザーロがブライアンのアッパーカットやクローズラインに苦戦すると、中邑がエプロンからチープショットを放ち、セザーロが怯んだブライアンにアッパーカット、続けて中邑が連携したヒザ攻撃を叩き込んで反撃。

さらに中邑は対峙した因縁のオーティスにスプラッシュからキャタピラー・エルボードロップを決められたが、中邑もハイキックをオーティス、スピンキックをゲイブルに放つとセザーロと連携したジャンピング・ニーやパワーボムを決めてチームワークを発揮した。

終盤には8人入り乱れた攻防を展開するも、最後はゼインが因縁のビックEにビック・エンディングを決められて3カウント。

中邑&セザーロはチームワークで善戦したものの8人タッグ戦で勝利を逃した。 

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事