【東京女子】辰巳リカがプリプリ王者・坂崎ユカとの最後の前哨戦を制しイッテンヨンでの王座奪取宣言!「私が天地をひっくり返して、新チャンピオンになります!」12.26 板橋グリーンホール

 東京女子プロレスが26日、東京・板橋グリーンホールで「2020年最終戦~来年も嬉しいこと、楽しいこと、いっぱいあるといいね~」を開催。メインイベントではイッテンヨン(21年1月4日、東京・後楽園ホール)で、同期生・坂崎ユカが持つプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑む辰巳リカが前哨戦で勝利し、王座奪取を高らかに宣言した。

 板橋大会のメインでは、坂崎、天満のどか、愛野ユキ、山下実優組が辰巳、上福ゆき、桐生真弥、伊藤麻希組と激突(30分3本勝負)。これは、イッテンヨンで行われるプリプリ王座戦、プリンセスタッグ王座戦(爆れつシスターズVSチーム東洋大)、山下VS伊藤戦の3大前哨戦となった。

 まず1本目は「爆れつ」の姉・天満が桐生にキルスイッチを決めて勝利。

2本目は伊藤が伊藤ロイヤル(変型ジャックナイフ式エビ固め)で山下を丸め込んで、1-1のイーブンに。

3本目は坂崎と辰巳がバチバチやり合った。坂崎がSTF、スライディング・ラリアット、変型ブレーンバスターを決めれば、辰巳はドラゴンスリーパー、ホワイトドラゴンスリーパー、ツイスト・オブ・フェイトで応戦。

最後はチーム東洋大が、桐生のスパインバスターと上福のビッグブーツの合体技を天満に決めると、すかさず辰巳がトップロープからミサイルヒップをたたき込んで3カウントを奪い、挑戦者チームが2-1で制した。

試合後、マイクを持った辰巳は「今日は私たちのチームワークのおかげでなんとか勝てました! このままの勢いでイッテンヨン、駆け抜けます。なので、イッテンヨンは私が天地をひっくり返して、新チャンピオンになります! 私が東京女子を引っ張っていきます!」と必勝を誓った。

 これに対し、坂崎は「新年だから心機一転したい気持ちはわかるけど、まだ今年の分はまだまだ取り返せてない。だからまだこのベルトをリカに渡すわけにはいかないから。来年も私がこのベルトをずっと防衛し続けるから」と応じた。

さらに、坂崎は「ホントに今年1年いろんなことがあったけど、マイナスなことばっかりじゃなかったと思います。こうやってお客さんとの絆っていうのも確認できた年でもあるし、みんなが大変なときに、こうやってみんな気を付けながら足を運んでくれて。すごく愛情を感じて、ありがたいなって思った年でした。だから全然ハッピーじゃん! みんな生きてるからハッピーだよ、それだけで! また来年があるっていうのもハッピーなことだし、こうやってプロレスができて、みんなの顔が見れて、それだけでハッピーなんで。皆さんも明るい気持ちで年を越して、みんないっしょにまたイッテンヨンで会いましょう!」と続けた。

 今年の最終興行とあって、その後、全選手がリングに集結し、山下の音頭でお客さんといっしょに一本締めでフィナーレとなった。

 バックステージで辰巳は「今日はガッチリとした手応えを感じましたね。挑戦者チームのベルトを獲りたいっていう気持ちと、負けたくないっていう気持ちが一丸となったので、勝利をつかめたんじゃないかな。それが勝因かなって思います。私は家でウサギを飼っていて、ウサギが大好きなんですけど、ウサギとカメで言ったらユカちゃんはウサギじゃないですか。私はカメなんですよ。カメは好きじゃないんですけど、カメはやるときはやるぞ、カメをなめてると痛い目見るぞ、って感じで。イッテンヨンは私が新チャンピオンになって、天と地をひっくり返して、今度こそ(プリプリ王座挑戦への)4度目の正直。大革命を起こして、2021年、辰巳リカが引っ張っていきます!」と力を込めた。

 一方、王者の坂崎は「3本勝負で結果的にチャンピオンチームが負けちゃった形ですけど、このままなわけないんで。もう1回気を引き締めて、手洗いうがい、このまま人と接触しないように。イッテンヨンで王者のまま、来年続きをやりたいなと思います。(今年は)予想できないことで不幸といえば不幸なんですけど、でも生きてるんで。それはそれでオッケーです。まだ次があるっていうことがハッピーなことなんで。欲張りなんで、全部取り返して、全部やっていこうと思います。まだまだ野望は大きいので」と王座死守を口にした。

 また、同団体では21年1月30日に、東京・秋葉原のライブハウス「TwinBox AKIHABARA」で、株式会社CyberZが提供する動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を使用したオンラインPPV興行イベントの第2弾『TJPW PPV SHOW 2~STARTING POINT~』(無観客試合)を開催することを発表。同所は13年の同じ日にプレ旗揚げイベントを行った伝説の地で、リングではなくマットを使用し、アイドルグループのライブも実施される。

2020年最終戦~来年も嬉しいこと、楽しいこと、いっぱいあるといいね~
【日時】2020年12月26日(土)
【会場】東京・板橋グリーンホール

▼オープニングマッチ 15分1本勝負
○小橋マリカ vs 宮本もか●
5分4秒 フロント・ネックロック

▼第2試合 20分1本勝負
○乃蒼ヒカリ&汐凛セナ vs 角田奈穂&猫はるな●
7分44秒 体固め
※裏投げ

▼第3試合 20分1本勝負
○中島翔子&ハイパーミサヲ vs らく&鈴芽●
11分58秒 ノーザンライト・スープレックス・ホールド

▼セミファイナル 20分1本勝負
瑞希&●原宿ぽむ vs 渡辺未詩○&舞海魅星
10分26秒 片エビ固め
※ティアドロップ

▼メインイベント 30分3本勝負
坂崎ユカ&天満のどか&愛野ユキ&山下実優(1-2)辰巳リカ&上福ゆき&桐生真弥&伊藤麻希
①○のどか vs 真弥●
6分28秒 片エビ固め
※キルスイッチ
②●山下 vs 伊藤○
5分26秒 伊藤ロイヤル
③○リカ vs のどか●
6分3秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事