【全日本】三冠王者・諏訪魔が青柳優馬を下して4度目の防衛に成功!次期挑戦者に芦野祥太郎を指名!

 全日本プロレスは3日、東京・後楽園ホールにて『2021 NEW YEAR WARS ~ReOStaff株式会社 presents~』を開催した。

この日のメインイベントで三冠ヘビー級選手権試合、第63代王者・諏訪魔vs挑戦者・青柳優馬が行われ、前日の世界タッグ選手権で青柳に敗戦した諏訪魔がバックドロップホールドで青柳を下して勝利。三冠ヘビー級王座4度目の防衛に成功した。

試合後には諏訪魔が次期挑戦者に芦野祥太郎を指名。この二人は6.30コロナ禍で行われた無観客での三冠戦にて激突、この時は諏訪魔がラストライドで勝利しており、芦野としては連敗は避けたいところである。

「2021 NEW YEAR WARS ~ReOStaff株式会社 presents~」
日時:2021年1月3日(日)開始11時30分
会場:東京・後楽園ホール
観衆:665人
 
メインイベント  三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】〇諏訪魔
vs
【挑戦者】×青柳優馬
26分28秒 バックドロップホールド
※諏訪魔が4度目の防衛に成功
 
 
<写真提供:伊藤ミチタカ氏>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事