【ノア】村上和成が拳王を絞め落とし勝利!1.23大阪でのナショナル王座挑戦決定!

プロレスリング・ノアは4日、2021年最初となる大会『NEW SUNRISE 2021』を東京・後楽園ホールで開催した。

今大会の対戦カードは当日発表で、入場曲にて発表となっており、第7試合の6人タッグマッチに杉浦軍の杉浦貴、桜庭和志、村上和成、そして一方は金剛の拳王、中嶋勝彦、マサ北宮が登場した。

試合は拳王を挑発した村上がスリーパーホールドで絞め落とし、レフリーストップにて勝利したが、ゴングが鳴った後も絞め続けた。

NEW SUNRISE 2021
日程: 2021年1月4日(月) 開始: 18:30
会場: 東京・後楽園ホール

第7試合 6人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&村上和成
vs
拳王&中嶋勝彦&マサ北宮
17分10秒 レフェリーストップ 
※スリーパーホールド

バックステージに戻ってきた杉浦は「拳王チャンピオンだよね? ナショナルチャンピオン。落ちちゃったら恥ずかしいんじゃないの」、これに村上も「へー、あれがチャンピオン。 じゃあいいね。ベルトみんな持ってるし、俺はベルト持ってないから」さらには「あいつに言っとけよ。次、俺がやってやるからって言っとけよ。まあ、逃げんなよ!」と拳王の持つナショナルベルトへの挑戦表明をした。

そして桜庭が「クリーンファイトね、クリーンファイト」と促すと、村上も「おお、クリーンファイト。拳でクリーンファイト」と意気揚々と控室へ戻っていった。

これを受けてノアは、1.23エディオンアリーナ大阪第2競技場大会でのGHCナショナル選手権試合、第3代選手権者・拳王 vs 村上和成を正式決定を発表した。

HIGHER GROUND 2021
日時:1月23日(土)試合開始13:00
会場:エディオンアリーナ大阪第2競技場

GHCナショナル選手権試合
〈第3代選手権者〉拳王 vs 村上和成〈挑戦者〉
※第3代選手権者の4度目の防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事