【WWE】シャーロットが父リック・フレアーの妨害でレイシーに2連敗

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 日本時間1月12日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

“女王”ことWWE女子タッグ王者シャーロット・フレアーが先週のタッグ戦に続いて父リック・フレアーの妨害で因縁のレイシー・エバンスに2連敗した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

シャーロットが父リックを誘惑するレイシーとシングル戦で激突すると、シャーロットがショルダータックルからチョップ連打を放って試合序盤を優勢に進めた。

しかし、試合途中に家にいるはずのリックが突如姿を現してシャーロットのセコンドに付くと、シャーロットはネックブリーカーからナチュラル・セレクションを決めたが、リックがまたしても娘を裏切ってレイシーの足をロープに掛けてエスケイプをサポート。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

父リックの妨害に口論となったシャーロットだったが、そのまま試合を続けてエプロンにいたレイシーを持ち上げると、今度はリックがシャーロットの足を抑えて妨害。するとバランスを崩したシャーロットがマットに倒れるとレイシーに抑え込まれて3カウント。

勝利したレイシーはリックと共にリングを去ると「ホテルを変えるかも」と意味深な発言をして2連勝を喜んだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事