【新日本】IWGP二冠&NEVER前哨戦は内藤&鷹木&SANADAのL・I・Jが勝利!<1.17後楽園大会>

▼試合後バックステージコメント

鷹木「俺頭きてるんだよ! 腹が立ってるんだよオイ! もちろん、棚橋! なんだあの野郎! 再起を賭けて? 何だよ再起を賭けてって。まるでアイツよ、調子がイマイチみてーじゃねーか! 調子が、イマイチな奴が挑戦できるほど! オイ、NEVERは甘くねーぞこのやろう! 舐めやがって!! オイ、NEVERを舐めんなよ! この鷹木信悟舐めんな! 名古屋までとことん追い込んでやるからな!」

内藤「我々、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの中で、今シリーズ、テーマがないのは……オレだけ。そう、つまりノー・オクパードなんだよ。そんな中、今日更新された新日本プロレスモバイルサイトの本間選手の日記で、彼はオレに宣戦布告してたよ。いやいいと思いますよ。目の付け所がいいね。だってさ、今オレ、ノー・オクパードなんだよ、忙しくないんだよ。むしろ暇なんだよ。こんな状態、中々ないからね。

もう本間選手以外にも今シリーズテーマのない選手はいっぱいいるわけで。それこそ内藤の名前を出してみたらいいんじゃないの? 実現するか、実現しないか、そこはそんなに重要じゃないよ。まずは口に出して自分の意志を言うことが一番大事なんじゃないの? まあ、そんなオレもさ、何となくテーマは今頭に浮かんでるかな。ただ、今そのタイミングじゃないからね。そのタイミングが来たらオレはそこに行っちゃうよ? 今だけだよ。

俺がノー・オクパードなのは今だけだぜ。他の選手、今控室でのんびりしている選手、今日試合がなくて家でのんびりしている選手もいるのかな。今チャンスだぜ! こんな美味しいチャンス中々ないぜ! 今のうちに皆様、俺の名前をどんどん出したほうがいいよ。それを皆様にオススメしますよ。そこは……ノー・トランキーロ! 焦ったほうがいいぜ。カブロン!」

SANADA「チャンピオンが、統一統一と言ってるんですけど、いつ統一するのか。あと統一と俺がチャレンジすることを一括にまとめないで欲しいっていうこと。純粋に、ワクワクする試合をしましょう」

本間「内藤! 内藤! 俺は、おまえのこと諦めねーから! どんなに負けても、負けても負けても、最後に俺が勝つ!」

棚橋「時代は進んでるね。コロナでいろんなものが止まってても、時間っていうのはどんどん過ぎてってるし、そん中で成長している、伸びてる選手は沢山いて……。まあそん中でも、筆頭が鷹木選手かなって。2021年、もう1度トップ戦線に喰い込むって決めたから。棚橋が戻ってくるか、それとも浦島太郎か……。よく見といて下さい」

飯伏「まあまだ、ドーム終わってまあ8日経ったけど……。今日もぜんぜんね、まあ動いてないし。まあこれから、2月11日広島まで。まあゆっくり、ゆっくり仕上げてきますよ。まあ、まだこんなもんじゃないです。(一呼吸置き)まだ……まあ自分に、王座の貫禄がないかなと。これから、これから作っていきますから。まあまずは、体調を万全に……飯伏幸太」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2