【新日本】前哨戦に勝利の棚橋「チャンピオン姿、楽しみにしていてください」NEVER奪取を約束!

▼バックステージコメント

棚橋「ここ数年ないくらい、気持ちが充実してます。それは、俺が引き出されたのかな。悔しいかな、それだけ鷹木選手の存在、力量が、チャンピオンとしてふさわしいということ。リング上で言ったけど、他の団体でもチャンピオンになって牽引して盛り上げてっていう、チャンピオンの何たるかを分かってる。よーく知ってる。けど、俺も知ってる。今、この時期、このタイミングで、鷹木選手と巡り会えたこと、感謝します。だから、全力で、鷹木選手の知ってる、イメージする、イメージ通りの、それ以上の棚橋弘至で、名古屋行ってきます」

ワト「BUSHIさぁ、オマエ昨日、俺にコメントで、『分かんねぇことがある』って言ったな。俺は、IWGPジュニアのベルト、IWGPジュニア・チャンピオンになることを目指してる。そのために俺は一つずつ、今、自分に必要なものを探して、見つける旅をしてるところだ。今日の試合でオマエの張り手を食らってな、いいものが入ってしまったよ。この痛み、やり返してやるよ、オマエの顔に」

飯伏「(※両肩に2冠のベルトをかけてインタビュースペースに登場し)SANADAさん、返信ありがとう。返信、ありがとう。でも、僕の言いたいこと、ほとんど伝わってなかったみたいだね。僕が言いたいことは、(※アゴでIWGPヘビー級のベルトを指し)このベルトと、(※IWGPインターコンチネンタルのベルトを指し)このベルトが、ほしい理由。それが聞きたい」

BUSHI「(※背中を氷のうで冷やしながら)舐めんなよ、小僧、オイ! 川人! 舐めんなよ、テメェの蹴り、効いたよ……」

鷹木「何が『GO ACE』だよ! 『GO ACE』? 俺の耳には、『NO ACE』って聞こえるぞ? オマエら、どっちだと思うんだよ? 『GO ACE』? いやいやいや! 『NO ACE』だよ、あんなのエースじゃねぇだろ! ましてや逸材でもねぇな。そんなことよりあの野郎、何だと!? 『NEVERだったら当たり前に獲れる』だと? そりゃそうだよな、オイ! 俺と棚橋、実績比べたら、そりゃあ雲泥の差だよ。

だがなぁ、リングに上がれば! 実績なんて関係ねぇんだよバカヤロー! オイ、この鷹木信悟を当たり前のように獲れるかどうか、その身をもって体感してみろ。今日だって触った程度だぞオイ。明日、後楽園! 棚橋弘至、言ってんだろ、逃げんなよ! エースなんだろ? 逸材なんだろ? 明日はとことんやろうぜ。なぁ、『NO ACE』!」
※SANADAはノーコメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2