【WWE】“EST”ビアンカ・ブレアが女子30人ロイヤルランブル戦を制す

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間21日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPVロイヤルランブル」がライブ配信された。

PPV「ロイヤルランブル」の女子30人ロイヤルランブル戦で“EST”ことビアンカ・ブレアが優勝してレッスルマニアでの王座挑戦権を獲得した。

ベイリーとナオミの対戦でロイヤルランブル戦がスタートするとビアンカ、ビリー・ケイと次々と時間差で女子スーパースターたちが登場して激しい攻防を展開。

14番目に登場したリア・リプリーが大暴れして因縁のトニー・ストームやサンタナ・ギャレット、デイナ・ブルック、ダコタ・カイ、マンディ・ローズを次々に脱落させると、“黒い小悪魔”に変身しかけたアレクサ・ブリスもリング外に投げ飛ばした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにビアンカが30番目に登場したナタリアを脱落させると残ったビアンカ、リア、シャーロットの3人が激しく激突。

共闘したビアンカとリアが2人掛かりでシャーロットを脱落させると、最後はビアンカがクローズラインでリアを脱落させてロイヤルランブル戦を制した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レッスルマニアでの王座挑戦権を獲得したビアンカは両親に感謝しながら「優勝したぞ!ESTはレッスルマニアに行く!」と喜びを爆発させた。

ビアンカが王座戦に挑むPPVレッスルマニア37」は日本時間411日・12日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事