【WWE】レインズがギロチンで失神KOにしてオーエンズ相手のラストマン・スタンディング戦を制す

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間21日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPVロイヤルランブル」がライブ配信された。

ユニバーサル王者ローマン・レインズ(withポール・ヘイマン)が代理出場を画策したケビン・オーエンズとPPVロイヤルランブル」のユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦で激突した。

序盤、レインズがスーパーマンパンチやスピアーを放てば、オーエンズもポップアップ・パワーボムやスーパーキックで反撃して白熱の攻防を展開した。

さらに鉄製ステップやパイプ椅子で攻撃を仕掛けたレインズが高所からオーエンズを投げ落とすと、ゴルフカートでも引き倒して攻撃がエスカレート。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

負けじとオーエンズがフォークリフトの上からセントーンを放てば、レインズもスピアーでステージLEDごとオーエンズを破壊したがカウント9。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

両者決定打を欠く中でレインズが手錠を持ち出すも、逆にオーエンズが手錠でレインズを鉄柱低部に縛り付けてカウントを狙った。

しかし、レインズはカウントするレフェリーを強引に鉄柱に叩きつけてKOすると、オーエンズにはローブロー攻撃。この隙にヘイマンがレインズの手錠を外すと最後はレインズがギロチンでオーエンズを失神KOしてカウント10

レインズがラストマン・スタンディング戦を制して王座防衛に成功した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事