【ジャイアント馬場23回忌追善興行】父の死を乗り越え奮闘した天山「今の全部をさらけ出してリングで表現しなきゃいけない」

2月4日、東京・後楽園ホールにて『ジャイアント馬場23回忌追善興行』が開催された。

ジャイアント馬場さんが1999年1月31日に死去(享年61)してから22年経ったこの日、2月4日は1982年にジャイアント馬場vsスタン・ハンセンの初シングルが行われた特別な日であり、追善興行には全日本プロレスにゆかりのある選手、OBなどが多く参加した。

この日のメインイベントでは、6人タッグマッチでは、武藤敬司&諏訪魔&小島聡と天山広吉&カズ・ハヤシ& 河野真幸が対決。

大会プロデューサーの和田京平名誉レフェリーはこのカードについて「天山選手はよく全日本に出てくれていてねー、実は元子(馬場さん夫人)さん、前々からテンコジが大好きでねー、全日本にはない底抜けな明るさが好きだったんじゃないかなぁ。ここは天山選手しかいないって」と理由を語っていた。

天山は3日に自身のTwitterで2月1日に父・健治さんが亡くなったことを報告していたが、モンゴリア・チョップ封印マッチに敗戦し、自身の代名詞ともいえる技が使用できない中も奮闘するも試合は敗れてしまった。

バックステージではメインイベントで戦ったメンバーと明るい表情でコメント。その後に現在の心境を語った。

モンゴリアンチョップを出さなかったことについては「名古屋でクソ生意気なオーカーンにやられて、やっぱり約束は約束。俺も男やったら口に出した以上、約束は守らなきゃいけない。天山広吉といったらモンゴリアンチョップって代名詞になってるから、それが出せないのはほんまに100%のうちの10%もフルエンジンでいけなかったのが、それが悔しかった」と心境を明かすと「私事ですけど、3日前に自分の親父が亡くなってしまいまして。本当に突然というか、急なことだったんですけど、こんなコロナの時期になんだかんだでちょっと落ち込んでるときに、自分的にもモンゴリアンも封印されて、そして親父も亡くなってしまって、ほんま自分自身どうしたらいいのか、めちゃくちゃ落ち込んで。でもやっぱり最後はリングに上がって自分を見せたい。今の全部をさらけ出してリングで表現しなきゃいけない。断ることはできなかったですよね出場を。親父はプロレスも好きで小さい頃から連れて行ってもらって。新日本も全日本も、馬場さんの試合を一緒に見てっていうのもあったし、そういう意味でこの23回忌っていうのは馬場さんに与えられた『お前、頑張れよ』って背中を押してくれたっていう馬場さんにも感謝します。もう涙も出尽くして、もうこれ以上はって感じですよ。あとは残りのレスラー人生。しっかりと天山広吉、ガッチリと頑張っていきたいと思います」と思いを述べた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事