【WWE】紫雷イオが「トニーはただの挑戦者。私がタイトルを防衛する」と王座防衛を宣言

王者紫雷イオ、トニー・ストーム、メルセデス・マルティネスが直前となった「NXTテイクオーバー:ベンジェンス・デイ」のNXT女子王座トリプルスレット戦に向けてその意気込みを語った。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イオは「3ウェイマッチが怖い訳ないでしょ。私がタイトルを獲った時はシャーロットとリアを倒してチャンピオンになったんだから。トニーはまだこのタイトルに相応しくない。メイ・ヤング・クラシックから3年も経ったんだから別人だろ。私はチャンピオン、トニーはただの挑戦者でしかない。メルセデスはこのタイトルを目指して20年も旅を続けているみたいだけど、旅は終わらないだろうな。私がこのタイトルを防衛するからだよ」と挑戦者2人を侮辱して王座防衛を宣言した。

これに対して挑戦者のトニーは「最終的に王座挑戦の機会を掴んだ。イオはNXT女子王者、そしてメイ・ヤング・クラシック覇者だったな。いや、それは私だった。私がいつも勝っているからイオは私のことが好きじゃないんだよ。テイクオーバーでは私が王座戴冠することになる」とイオを倒した実力を強調して王座奪取を宣言すれば、メルセデスも「王座は私の運命であり目標だ。王者として私がリングを降りる」と王座戦に向けて自信を見せた。

イオ、トニー、メルセデスのNXT女子王座トリプルスレット戦が行われる「NXTテイクオーバー:ベンジェンス・デイ」は日本時間2月15日にWWEネットワークで配信される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事