【WWE】KUSHIDAが王者ガルガノと好勝負もタイトルにあと一歩届かず

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間215日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンター内「キャピトル・レスリング・センター」にて行なわれた「NXTテイクオーバー:ベンジェンス・デイ」が配信された。

KUSHIDAが抗争する王者ジョニー・ガルガノと「NXTテイクオーバー: ベンジェンス・デイ」で行われたNXT北米王座戦で激突した。

序盤、いきなりホバーボードロックを狙ったKUSHIDAはアーム・バーやオクトパスホールドを決めたが、ガルガノもアッパーカットやスーパーキック、ネックブリーカーで反撃。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中盤にはKUSHIDAがアンクルロックからスープレックス、バズソーキックと連続攻撃を仕掛けると、ガルガノもスープレックスからトルネードDDTを決めて互角の攻防を展開した。

終盤にはガルガノがガルガノ・エスケープ、KUSHIDAがホバーボードロックや雪崩式アーム・バーを決めて互いに大技を仕掛けるが、最後はガルガノがワンファイナルビート2発をKUSHIDAに叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

KUSHIDAは好勝負を演じるも王座にはあと一歩届かず、ガルガノに王座防衛を許した。

試合後にKUSHIDAは「WWEとサインした理由の1つが今夜の彼との試合でした。失ったものも少しはあるかもしれないけれども、それよりはるかに得たものの方が大きかった。アメリカに来てから初めてかもしれないこの充実感。悔しかった、そして楽しかった」と大一番となった王座戦の感想をツイッターに投稿した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事