【WWE】里村明衣子がケイ・リー・レイとNXT UK女子王座をかけて激闘も王座奪取ならず

日本が誇る“女子レジェンド”里村明衣子が最長王座保持記録を持つケイ・リー・レイとNXT UK女子王座戦で激突したが、激闘の末にケイのゴリーボムに沈んで王座奪取には届かなかった。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

NXT UKメイン戦となったこの王座戦で里村はエプロンでのデスバレーボムからDDTやジャーマン・スープレックスと猛攻を仕掛けると、負けられないレイもDDTからレッグチョークで里村を締め上げて互角の攻防を展開。

さらに再びデスバレーボムを決めた里村がフロッグスプラッシュを放つと、これをヒザで迎撃したケイがスーパーキックから必殺のゴリーボムを決めたがカウント2。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤には今度は里村が必殺のスコーピオライジングを狙ったが、最後はこれをブロックしたケイが再びゴリーボムを叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

里村はNXT UK2戦目で王座戦も無念の敗戦を喫した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、里村はお辞儀とハグをケイと交わしてお互いの健闘を称え合うと、さらに自身のインスタグラムでは「立ち止まっている時間はない。皆さん本当にありがとう。必ずここで私の使命を全うします」と英語で投稿してNXT UKでの活躍を誓った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事