【新日本】『NJC』本間が奮闘するも鈴木に敗退!鈴木「IWGPは俺のモンだ。そろそろ獲りに行くぞ」と宣言

新日本プロレスは3月6日(土)、東京・大田区総合体育館で『NEW JAPAN CUP 2021』第3戦を開催した。

第3試合は『NJC』1回戦として、本間朋晃vs鈴木みのるが対戦。

前哨戦でも本間はみのるを意識して対戦し、本番当日も気迫満点で挑んだ。

試合序盤からみのるの打撃に真っ向対峙した本間であったが、最後はみのるのゴッチ式パイルドライバーで沈んだ。

試合後、みのるは「優勝者にはIWGP、新設されたIWGP世界への挑戦権を与えると。オイ! 挑戦権どころか、IWGPは俺のモンだ。そろそろ獲りに行くぞ」と宣言。

敗れた本間は「肝心なところで勝てない自分自身がイヤになる、本当に。何やってんだ、俺……。でも、このままじゃ終わんねぇからな!」とコメント。

※コメント全文は下部に掲載。

『NEW JAPAN CUP 2021』
日時:2021年3月6日(土) 16:00開場 17:00開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:1,410人

▼第3試合 時間無制限1本勝負
『NEW JAPAN CUP 2021』1回戦
本間 朋晃×
vs
鈴木 みのる〇
14分54秒  ゴッチ式パイルドライバー→体固め

※鈴木が『NEW JAPAN CUP』2回戦進出

▼試合後バックステージコメント

鈴木「ああ、いいねえ。殴るとか殴られるとか、フハハハ! ただよ、指くわえてよ、平々凡々とこの『NEW JAPAN CUP 2021』に出てるわけじゃねぇんだよ。お前らが言ったんだ。優勝者にはIWGP、新設されたIWGP世界への挑戦権を与えると。オイ! 挑戦権どころか、IWGPは俺のモンだ。そろそろ獲りに行くぞ」

 
 
本間「(※ガックリと座り込んで涙声で)負けたよ……負けたあーッ! 俺は何やってんだよ、このチャンスによぉ……。肝心なところで勝てない自分自身がイヤになる、本当に。何やってんだ、俺……。でも、このままじゃ終わんねぇからな! 絶対終わんねぇよ! 絶対こっから這い上がってみせる。負けないよ、俺は! クソがッ!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事