【AEW】3.10 AEWダイナマイト MJFがジェリコ裏切り新ユニット結成へ!ケニーの前にクリスチャンが立ちはだかる!女子6人タッグに志田・水波・伊藤が参戦

現地時間10日(日本時間11日)米国にてAEW DYNAMITEの放送が行われた。

インナーサークルは作戦会議を行ったが、MJFの裏切りが発覚。追放を行うジェリコだったが場内が暗転。果たして…

PPVのメインでAEW世界王座を巡って戦ったケニー・オメガとジョン・モクスリーだったが最後の爆発があまりにもしょぼかった件を互いに罵り合う展開に。そんな最中、ケニーの前にはWWEからAEWにやってきたクリスチャン・ケイジが立ちはだかる。

女子6人タッグマッチでは志田光&水波綾&サンダー・ロサがチームを組んで、ナイラ・ローズ & ブリット・ベイカー & 伊藤麻希組と対戦。試合はサンダー・ロサが伊藤麻希に勝利したが、試合後にブリットベイカーが松葉杖で攻撃し遺恨が勃発。

各試合結果は下記の通り

第1試合 シングルマッチ
✖マット・ジャクソンvs レイ・フェニックス〇

※リバースパイルドライバー

◆ジョン・モクスリーとエディ・キングストン

※PPV「REVOLUTION」の最後のリング爆発が不発に終わった件で、ケニー・オメガに対して「誰が爆破の支払いをしたのかはわからないが、どうせインパクトレスリングは支払ったんだろ?タイトルマッチには勝てなかったが飲み仲間を得た。凶器はしっかり準備しろ」と挑発。

 

第2試合 シングルマッチ
〇コーディ・ローデス vs セス・ガーギス✖

※足4の字固め

※試合後ペンタ・セロ・ミエドが登場し「オレはオマエより優れている。もしPPVがオレとオマエのシングルだったなら、オマエは肩を悪化させて娘も抱き上げられなくなってただろう」とマイク。怒ったコーディはペンタ・セロ・ミエドに殴りかかる。

◆スティング

ストリートファイトでAEWデビューを飾ったスティングが登場。ランス・アーチャーが現れ「時間の無駄だ」と挑発する。

第3試合 シングルマッチ
〇イーサン・ペイジ vs リー・ジョンソン✖

※イーゴズエッジ

 

◆ケニー・オメガとクリスチャン・ケイジ

※ケニー・オメガとグッドブラザーズがドン・キャリスと共に登場。爆発の失敗はモクスリーとキングストンに恥をかかせるためだとキャリスが説明すると、キングストンが乱入。グッドブラザーズが襲い掛かると助けに入ったのはモクスリー。リング上に1人オメガが残っていると現れたのはWWEからAEWへと移籍したクリスチャン・ケイジ。AEW世界王者のケニーに睨みあい、ケニーが襲い掛かったところを切り返しアンプリティアー(変形フェイスバスター)を狙うクリスチャン。リング上に残ったAEW世界ベルトを手に持ちまじまじとそのベルトを眺めるクリスチャンであった。

 

第4試合 女子6人タッグマッチ
志田光 & 水波綾 & サンダー・ロサ〇
vs
ナイラ・ローズ & ブリット・ベイカー & 伊藤麻希 ✖

※サンダードライバー

※試合はサンダー・ロサが伊藤麻希に勝利。試合後、ブリット・ベイカーが松葉杖でサンダー・ロサを叩きロックジョーで痛めつける。

第5試合 TNT王座戦
【王者】〇ダービー・アリン vs スコーピオ・スカイ✖【挑戦者】

※首固め

※試合後、スコーピオ・スカイは背後からアンクルロックを極める

 

◆インナーサークルの作戦会議

インナーサークルが作戦会議を行う。先日脱退を表明したサミー・ゲバラが登場。ゲバラはMJFがクリス・ジェリコを実は追放しようとしていたことを、ロッカールームで撮影した映像で明かす。ジェリコはMJFをインナーサークルから追放する。

その後、暗転して会場が明るくなるとウォードロー、FTR、ショーン・スピアーズが現れてインナーサークルを襲撃。ゲバラはコーナーでイスに挟まれ、追放されたMJFがジェリコにエルボー、足で踏みつけてから、バット攻撃。最後は花道からステージ下にパワーボムで叩きつけてジェリコをノックアウト。

MJF、ウォードロー、FTR、ショーン・スピアーズらによる新ユニットの誕生を匂わせて、番組は終了した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事