【WWE】中邑真輔が盟友セザーロを襲撃したセス・ロリンズと睨み合って因縁勃発

日本時間3月13日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑真輔が盟友セザーロを襲撃したセス・ロリンズと睨み合って因縁勃発

中邑真輔が盟友セザーロを襲撃したセス・ロリンズと対峙して無言の睨み合いを展開した。

セザーロとマーフィーがシングル戦で対戦すると、試合途中にロリンズがセザーロを背後から襲撃。

試合が反則裁定となるとロリンズは「俺のレベルには届かない」と言い放ちながらカーブ・ストンプ2発を叩き込んだ。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにロリンズはパイプ椅子を持ち込むと、セザーロの頭にセットして3発目のカーブ・ストンプを狙ったが、スタッフたちが止めに入ると仕方なくリングを後にした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

するとバックステージではセザーロの盟友中邑がロリンズを無言のまま睨みつけると、ロリンズも睨み返して火花を散らした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事