【WWE】セザーロが中邑を救出してロリンズとのWM戦を受諾

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間3月20日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

◆セザーロが中邑を救出してロリンズとのWM戦を受諾

中邑真輔がセス・ロリンズとのPPV「ファストレーン」リマッチに挑むもカーブ・ストンプを決められて敗戦となると、試合後には中邑に暴行を加えたロリンズと救援に現れたセザーロが乱闘になって2人がPPV「レッスルマニア37(WM)」で対戦することが決定した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑は痙攣式ストンピングやニー・ドロップで果敢に攻め込んで序盤を圧倒すると、「敬意を払え」と苛立ちながらロリンズがジャンピング・ニーからファルコンアローを放てば、中邑もスピンキックからのランドスライドで対抗して白熱の攻防を展開。

さらに中邑はキンシャサをかわされるもアーム・バーからのトライアングルでロリンズを捕まえたが、最後はこれを持ち上げて回避したロリンズが必殺のカーブ・ストンプで中邑を沈めて勝利した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にも怒りが収まらないロリンズは中邑に暴行を加えると、そこへセザーロが駆け付けてアッパーカットで中邑を救出。

さらにロリンズはバックステージで「セザーロの軽蔑にはうんざりだ。WMで対戦して敬意というものを教えてやる」と息巻くとセザーロがセザーロ・スイングでロリンズを襲撃すると「その挑戦受けてやる」と言って2人の対戦がWMで決定した。

PPV「レッスルマニア37」は日本時間4月11日・12日にWWEネットワークで配信され、ロリンズ対セザーロの一戦は日本時間4月11日に行われる。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事