【WWE】マッキンタイアと王者ラシュリーが祭典「レッスルマニア37」を前に舌戦&睨み合い

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間4月6日、フロリダ州セントピーターズバーグのトロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

挑戦者ドリュー・マッキンタイアがPPV「レッスルマニア37(WM)」のWWE王座戦を前に王者ボビー・ラシュリーと舌戦を展開すると、エンディングでは睨み合いの火花を散らした。オープニングに登場したマッキンタイアは「俺はラシュリーとは違ってすべてを犠牲にしてきた。

今日はコービンを倒し、WMではWWE王者になってラシュリーの時代を終わらせる」と王座奪還を宣言すると、そこへ王者ラシュリー(with MVP)が登場した。

ラシュリーは「ここまで17年かかった。トップに立てるのは1人だけでお前の時代は終わっているんだよ。俺を怖がっているお前はWMで何もできない」と挑戦者をあしらうと、そこへコービンも姿を現して「マッキンタイアにWMやWWE王座戦はない」と挑発した。

メイン戦でマッキンタイアとコービンが対戦すると、両者の意地がぶつかり合う白熱の攻防を展開。

コービンがポストや解説席にマッキンタイアを叩きつけて攻め込めば、マッキンタイアもヘッドバッドからフューチャーショックDDTを決めて反撃した。

終盤にはマッキンタイアがコービンのディープシックスをカウント2で返すと、ゲスト解説のMVPが自身の杖を凶器としてコービンに渡したが、逆にマッキンタイアが凶器攻撃を狙うコービンに必殺のクレイモアを叩き込んで勝利。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはマッキンタイアとステージに登場した王者ラシュリーが睨み合って火花を散らした。

PPV「レッスルマニア37」は日本時間4月11日12日にWWEネットワークで配信され、ラシュリー対マッキンタイアのWWE王座戦は日本時間4月11日に行われる。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事