【WWE】カイル・オライリーが仲間割れしたアダム・コールとの遺恨戦を制す 


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

仲間割れしたジ・アンディスピューテッド・エラのアダム・コールとカイル・オライリーが「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」のアンサンクションド戦で激突した。

ゴングが鳴ると睨み合った2人は激しく殴り合い、オライリーがクロスボディからアーム・バー、コールはオライリーをバリケードに叩きつけた。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにオライリーが解説席上でブレーンバスターを放てば、コールもTVモニターをオライリーの顔面に叩きつけて攻撃が激化すると、コールが注意するレフェリーを「黙れ」と殴ってKO。

その後、コールはパナマサンライズを決めるもカウントが入らずに試合は続行となった。続けて場外戦でコールがギロチンを決めたオライリーを床に叩きつけてステージを破壊すると止めのラストショットを狙ったが、逆にこれをアンクルロックで回避したオライリーがコールに掟破りのラストショット弾。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに今度はオライリーがローブローをコールに放つとコーナートップから膝にチェーンを巻きつけたダイビング・ニードロップを叩き込んで3カウント。死闘の遺恨戦を制したオライリーは担架で運ばれるコールを見下ろしながらリングを後にした。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事