【WWE】不死身のザ・フィーンドが“毒蛇”オートンに謎を残して敗戦

日本時間4月12日、フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムにて行なわれたPPV「レッスルマニア37」DAY2がライブ配信された。

◆不死身のザ・フィーンドが“毒蛇”オートンに謎を残して敗戦

死の淵から復活したザ・フィーンド(withアレクサ・ブリス)が因縁の“毒蛇”ランディ・オートンとPPV「レッスルマニア37」で再戦すると、隙を付いたオートンのRKOを食らってまさかの敗戦を喫した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

先に1人で登場した“小悪魔”アレクサがリングサイドに出現した巨大なオルゴールを回すと、そこからフィーンドが姿を現した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

フィーンドはオルゴールからジャンピング・クローズラインを放って試合がスタートすると、オートンの首を捻って雄叫びを上げた。

場外戦ではオートンが解説席にフィーンドを叩きつけるとフィーンドもマンディブルクローで反撃し、オートンがエレベイテッドDDT3発からRKOを狙えば、これもフィーンドがマンディブルクローで応酬してシスター・アビゲイルを狙った。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、突如リングポストから火柱が上がって黒く染まったアレクサが巨大オルゴール上に姿を現すと、オートンがこれに動揺したフィーンドにRKOを叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

オートンがPPV「TLC」の火葬に続いて再戦でも勝利を奪取すると、会場は暗転して謎を残したままフィーンドとアレクサは姿を消した。

J SPORTS(ジェイスポーツ)オンデマンド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事