【WWE】KUSHIDAが王座初防衛に成功も前王者サントス・エスコバーとの遺恨再燃

新NXTクルーザー級王者KUSHIDAがオープンチャレンジとしてオニー・ローカンを相手に王座初防衛に成功したが、試合後には前王者サントス・エスコバーらに襲撃されると救援に現れたNXTタッグ王者MSKと共に蹴散らして、次週のNXTでKUSHIDA&MSK vs. レガード・デル・ファンタズマの6人タッグ戦が決定した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

リングに登場した王者KUSHIDAは「先週、オープンチャレンジでタイトルを獲得した。だから今日は同じ機会を提供する。王座戦に挑みたい奴はいるか?」とオープンチャレンジを宣言するとそこへオニー・ローカンが挑戦者として現れた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

KUSHIDAはアーム・バーや豪快な掌底2発を放って攻め込めば、ローカンもアッパーカットやブロックバスターで反撃して白熱の攻防を展開したが、最後はKUSHIDAがマサヒロ・タナカから飛び付きホバーボードロックでローカンを捕まえて王座初防衛に成功。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、試合後にKUSHIDAが前王者エスコバー率いるレガード・デル・ファンタズマに襲撃されたが、救援に現れたNXTタッグ王者MSKと共にエスコバーを返り討ちにすると次週のNXTでKUSHIDA&MSK vs. レガード・デル・ファンタズマの6人タッグ戦が決定した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにKUSHIDAは「いつだろうと準備ができている。火曜日(NXT)はオープンチャレンジの日だ」と闘う王者であることを自身のツイッターに投稿した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事