【WWE】“女王”シャーロット・フレアーが公開謝罪して処分解除

 

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間4月27日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆“女王”シャーロット・フレアーが公開謝罪して処分解除

レフェリーに暴行を加えて罰金10万ドルと無期限出場停止処分を受けていた“女王”シャーロット・フレアーが公開謝罪して処分解除となった。

WWEオフィシャルのソーニャ・デビルの呼び込みで登場したシャーロットは暴行したレフェリーと対峙すると「ここ1週間反省して、WWEマネージメントやWWEユニバース、そして特に暴力を振るったレフェリーに心から謝ります」と謝罪した。

レフェリーがこの謝罪を受け入れてシャーロットの処分が解除されるとさっそくシャーロットはマンディ・ローズ(with デイナ・ブルック)と対戦することが決定。

同じレフェリーが試合を仕切る中、シャーロットはカウントが遅いレフェリーに苛立ちを見せるも最後はマンディをナチュラル・セレクションで沈めて勝利を収めた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事