【WW】イケメン二郎がWWEでもジャケットを着たままデビュー戦を勝利で飾る「第2章の本当のスタートです」

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イケメン二郎がWWEデビュー戦となった205 Liveでオーガスト・グレイとタッグを組んでトニー・ ニース&アリーヤ・デバリと対戦すると、WWEでも黄色いジャケットを着て相手を翻弄し、最後はニースの顔面にピンポイントキックを叩き込んで自身のデビュー戦を勝利で飾った。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

いくつもの自身の顔が入った黄色いジャケットを着たまま試合に挑んだイケメン二郎は打撃からのブルドックをニースに放つも、デバリにエルボードロップやスリーパーホールドで反撃されて激しい攻防を展開。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはイケメン二郎がスピニング・ヒールキックや掌底連打をニースに決めると2ndロープからのムーンサルトで2人まとめて蹴散らして圧倒し、最後はイケメン二郎がスワントームボムやトぺ・コンヒーロからピンポイントキックをニースに叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

デビュー戦を勝利で飾ったイケメン二郎はグレイとハグを交わすと両腕を上げて勝利をアピールした。試合後、イケメン二郎は自身のツイッターに「日本のみんな。WWEでのデビュー戦、日本から応援ありがとうございました!今日が俺の第2章の本当のスタートです、ここからもっともっと上を目指して走り続けます」と投稿してファンに感謝と意気込みを伝えた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事