【WWE】中邑真輔が“キング”対決に敗戦もキング・コービンの王冠を強奪

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間5月15日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信され、“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔がキング・コービンとの対戦に敗れるも、試合後にキンシャサで襲撃してコービンの王冠を奪い去った。

先週の10人タッグ戦で逆転負けしたコービンとの対戦で中邑は「俺たち2人のキングダムが激突する。生き残るのは俺の方だ」と意気込むとスピンキックや痙攣式ストンピングで攻め込んだ。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにライダーキックから飛び付きアーム・バーでコービンを捕まえるとトライアングルに移行して締め上げたが、パワーに勝るコービンにそのまま押さえつけられて3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑は先週に続いてまたしてもコービンに屈辱の敗戦を喫した。しかし、試合後に中邑はハイキックからのキンシャサでコービンを襲撃KOにするとコービンの王冠を奪い去り、「俺は王者だ。キング・オブ・ストロングスタイルがついに戻ってきた」と鏡を見ながら自身に語り掛けるように英語で呟いた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事