【WWE】レイ&ドミニク・ミステリオがSDタッグ王座を奪取してWWE史上初となる親子タッグ王者が誕生

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間5月17日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「レッスルマニア・バックラッシュ」がライブ配信された。

◆レイ&ドミニク・ミステリオがSDタッグ王座を奪取してWWE史上初となる親子タッグ王者が誕生

レイ&ドミニク・ミステリオがPPV「レッスルマニア・バックラッシュ」のスマックダウンタッグ王座戦で王者ドルフ・ジグラー&ロバート・ルードを破り、WWE史上初となる親子タッグ王者が誕生した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合前のバックステージでドミニクがジグラー&ルードに待伏せ襲撃を受けて負傷欠場となるとレイが1人でタッグ王座戦に出場。

息子の敵を討つべくレイは2人にハリケーン・ラナやセントーンを放って攻め込んだが、数的不利は覆せずにジグラー&ルードのダーティファイトで劣勢となった。

しかし、試合途中に負傷したドミニクがリングに登場すると、レイは攻撃を食らいながらもルードに619、ジグラーをバリケードに叩きつけると最後はドミニクがフロッグスプラッシュでルードに止めを刺して3カウント。

レイ&ドミニク・ミステリオがSDタッグ王座を戴冠し、WWE史上初となる親子タッグ王者が誕生した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事