【WWE】マッキンタイアとキングストンが挑戦者決定戦も王者ラシュリーが乱入

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間525日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウがライブ配信された。

ドリュー・マッキンタイアとコフィ・キングストンがWWE王座挑戦者決定戦で激突もWWE王者ボビー・ラシュリー&MVPが乱入して反則裁定となった。

先週のオープンチャレンジでキングストンに敗戦した王者ラシュリー(with MVP&美女軍団)がリングで「マッキンタイアは2度倒しているからもう見たくもない」と元王者を侮辱しているとそこへ王座奪還を狙うマッキンタイア、キングストンがそれぞれ登場。

キングストンは「先週、俺は王者からピンフォールを奪取したぞ!ベイビー」と言って王座挑戦を主張するとマッキンタイアと舌戦を展開。するとそこへWWEオフィシャルのアダム・ピアーズが現れてPPV「ヘル・イン・ア・セル」でのWWE王座挑戦権をかけて2人が対戦することが決定した。

王者ラシュリー&MVPが見守る中、キングストンが軽快な動きでハリケーン・ラナやボディアタックで攻め込めば、パワーに勝るマッキンタイアもアラバマスラムやベリー・トゥ・ベリーで投げ飛ばして互角の攻防を展開。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、試合途中にキングストンが放ったダイブ攻撃がラシュリーにも誤爆するとラシュリー&MVPが試合に乱入して反則裁定に。これに怒ったキングストンはトラブル・イン・パラダイス、マッキンタイアはクレイモアをラシュリーに放って場外に蹴散らした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはピアースがマッキンタイアとキングストンのリマッチを次週のロウで決定すると、ラシュリーには次回も介入した場合、90日間の出場停止処分にすると忠告した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者ラシュリーのWWE王座防衛戦が行われるPPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間6月21日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事