【WWE】ドミニク・ミステリオが1人でタッグ王座防衛に成功!次週、ウーソズとの防衛戦へ

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間5月29日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

◆ドミニク・ミステリオが1人でタッグ王座防衛に成功!次週、ウーソズとの防衛戦へ

WWE初の親子タッグ王者レイ&ドミニク・ミステリオが前王者ドルフ・ジグラー&ロバート・ルードとSDタッグ王座戦で王座防衛に成功し、次週王座に挑戦するウーソズと睨み合いを展開した。

メイン戦となったSDタッグ王座戦だったが、試合前に突如レイがバックステージで何者かに襲われるとジグラー&ルードは「俺たちは関係ない。もし対戦できないなら2人の王座は没収か、ドミニクが2対1で俺たちと対戦だろ」と言い出した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この発言に触発されたドミニクが1人で王座防衛戦に挑むもジグラーのドロップキック、ルードのジャーマン・スープレックスを食らって完全に劣勢。

しかし、試合途中にレイが現れるとドミニクが動揺したルードを丸め込んで3カウント。

1人で挑んだドミニクが前王者ジグラー&ルードに勝利して王座防衛に成功した。

試合後にはレイ&ドミニクが次週のスマックダウンで王座挑戦が決定したウーソズと対峙して睨み合いの火花を散らした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事