【新日本】タイチ&ザックがIWGPタッグ奪還!約1年半ぶりにディーバあべみほも登場<6.1後楽園・全試合結果>

新日本プロレスは6月1日(火)、東京・後楽園ホールで『Road to DOMINION』開幕戦を開催した。

メインは因縁深まるG.o.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア)とタイチ&ザック・セイバーJr.のIWGPタッグ選手権がマッチメイクされた。

現IWGPタッグ王者G.o.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア)に、前王者のタイチ&ザック・セイバーJr.組が挑戦する一戦には、約1年半ぶりにあべみほが登場。

両チームともに激しい戦いとなったが最後はタイチ&ザック・セイバーJr.の連携が冴え、見事IWGPタッグ王座の奪還に成功した。

勝利の勝ち名乗りを受けたタイチはマイクで「俺はザックとの約束を果たすために、今日どうなってもいいと思った。この先も俺とザックがここの中心になってやっていく、わかったかコノヤロー」と締めくくった。

『Road to DOMINION』
日時:2021年6月1日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:293人

▼第1試合 20分1本勝負
上村 優也 ×
SHO
YOH 
vs
鈴木 みのる
金丸 義信
エル・デスペラード 〇
11分36秒  ピンチェ・ロコ→体固め

■試合後バックステージコメント

SHO「(※上村に肩を貸しながら現れて)今日も負けた。いろんなことを乗り越えて試合ができる。そして、いま、俺たちが闘っているのはもちろん対戦相手、反対コーナーに立つレスラー。でも、いま、世界中、闘っている相手はそれだけじゃねぇんだよ。いろんなことと闘ってんだ。

やられても筋肉と一緒で超回復して、今日の負けも(6.7)大阪城(ホール)でYOHさんが(IWGP Jr.)シングルにつなげてくれるだろう」

 

上村「(※右肩を押さえてかなり辛そうな表情をしつつも立ち上がり)誰がどう見て、どう思おうと、今日のこれが今の俺には精一杯だ。試合に勝つ負けるよりも、自分の力が出し切れないことが、いや今日は出し切ったけど、まだまだまだ。悔しい! ありがとうございました」

 

※YOHはノーコメント 

 

デスペラード「(※しばらく宙を見つめてから、自分の腹の肉をつまみ)体は多少余剰した部分はあるが、衰えはないなと。頭がな、頭の神経がついてきてねぇな。『モンハンライズ』(モンスターハンターライズ)ばっかりやってたから、俺は。チャンピオンらしく明日にはもうキッチリやってやるって」


 
※鈴木&金丸はノーコメント

 

▼第2試合 20分1本勝負
田口 隆祐
タイガーマスク ×
本間 朋晃
棚橋 弘至
vs
エル・ファンタズモ
石森 太二 〇
チェーズ・オーエンズ
 “キング・オブ・ダークネス”EVIL
12分37秒  ブラディークロス→片エビ固め


■試合後バックステージコメント

ファンタズモ「汗ひとつかいてないのに、コメントか!? それはちょっと言い過ぎか…多少の汗はかいたかもな。5週間ぶりに試合したぜ。5週間ぶりで合ってるはずだ。それはいいとして、ファンタズモ&イシモリの最高のチームワークを見せてやったぞ。HEADBANGER&BONE DADDYはさらに強くなった! 明日の試合カードはなんだ!? 俺が知るか。じゃあ、また明日な」

 

石森「(※コメントスペースに座り込み)今日からファンタズモが帰ってきてくれて、また一緒にやれるようになってうれしいよ。俺はずっと、デスペ(ラード)、(IWGP Jr.)チャンピオン様のベルトを狙い続けているのは変わりないけど、ファンタズモがいると、狙える幅が広がるのも事実だよな。これだけよ、挑戦するのを待たされ続けてるんだからよ、欲張りになってもいいよな!?」
 
※EVIL&オーエンズはノーコメント

 

本間「EVIL…! EVIL! お前には俺が見えないようだな? 透明人間か!? 透明人間でもよ、明日、見えるようにしてやるよ」

 

棚橋「いま、1番大切なことは、『こうするんだ!』っていう自分の中でビジョンを、未来を、新日本の景色を、描けているかどうか? 『歓声がない。悔しいな』。『やっぱりいろいろみんな事情があって会場に来れない。空席が目立つな』。いまはそれを受け入れるしかなくて。

『会場に来たい人がたくさんいるだろうな』って信じてるし、『ワールド見てくれている人がたくさんいるだろうな』って、それも信じてる。だから、だからこそ、レスラーも、僕も、新日本プロレスも、未来を、しっかりと思い描いて。

(※腹筋を示し)自分の割れた腹筋を、しっかり思い描いて。“百日行”を始めましたんで。あと91日。けっこう長いですけど、棚橋の“荒行”につき合って下さい」
 
※田口&タイガーはノーコメント

 

▼第3試合 20分1本勝負
辻 陽太 ×
飯伏 幸太
vs
グレート-O-カーン 〇
ジェフ・コブ
12分32秒  エリミネーター→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

辻「この4連戦を終えて、俺は何か変われたのか? コスチュームも変わってなければ、髪型もブーツも何も変わってない。俺にいま必要な何かっていうのは、そういう外見のものじゃなくて、心に届くようなもの。どうやって相手を倒すか。それは結果もそうだし、見ているファンの皆さんが決めることだ。俺の中では今日、俺はぜんぜん成長できなかった」

 

飯伏「(※不機嫌そうな表情で)俺が悪いんだろ? 俺が悪いんだろ?(※と言うと控室のドアをバーンと叩いて退場)」

 

コブ「カウントダウンが近づいてきたな。イブシ、俺に貶されたと思ったか? 違うぞ、俺なりにお前のやる気を引き出してるだけだ。本物のゴールデンスターの力を俺に見せてくれ。7日、(大阪で)俺が闘いたいのは覚醒モードのMURDER IBUSHIだ。英語で言ってもお前には伝わらないだろうから、日本語で言ってやる。お前なんて、“アサメシマエ”だ!」

オーカーン「帝国のものであるIWGPワールドの王座を勝手に奪い合っていることに遺憾の意を示すが、そんなことよりもいまは帝国をより強く大きくすることに尽力をしている。助かったな、5流レスラーども。まずはそのためにも神を再度殺し、所詮神なんていう偶像なんかに、帝国の王は負けないということを愚民にたっぷりと教えてやる!」

■次ページ(セミ・メイン)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2