ノア・金剛と12人タッグで対戦するDDT軍が総決起!高木三四郎「拳王が全否定するなら、DDTのすべてをもって対抗戦に挑みたい」【サイバーフェス6・6さいたまSA】

CyberFightグループ4団体による合同興行「CyberFight Festival 2021」(6月6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に向け、6月4日、DDTプロレスリングが東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、プロレスリング・ノアのユニット金剛と対抗戦を闘うDDT軍が決起した。

 同大会の第8試合で、高木三四郎、彰人、樋口和貞、坂口征夫、吉村直巳、納谷幸男のDDT軍が、拳王、中嶋勝彦、征矢学、覇王、仁王、タダスケの金剛軍と12人タッグマッチで雌雄を決する。

 高木は「金剛、拳王。DDTとの対抗戦が発表されてから、一部メディア、SNSで主張が飛び交ってきた。拳王自身がDDTを、選手の育成方法、選手のあり方、ファイトスタイルだったり、すべてを全否定しようが、我々はDDTのやり方に自信をもっている。すべてがプロとして、お客さんを楽しませるために行っていること。そのなかで全否定するなら、彼が言うところのふざけた部分、シリアスな部分、DDTのすべてをもって,対抗戦に挑みたい。自分のやり方、主張を曲げるつもりは一切ありません。入場がすべてだと思ってるので、ドラマチックドリーム号に乗っていきます。すべてを見せます」とコメント。

 彰人は「拳王さんの言葉を借りるなら、あなたたちは本業のプロレスラー、私たちは副業プロレスラー。本業の方々が鳴かず飛ばず。全然お客さんが入ってない。そんな間に、副業の僕たちは、本業の方々ができないようなプロレスを考えて、お客さんが支持してくれて。毎年、両国とかさいたまとかで単独開催してきました。本業でやってるあなたたちが、それを生業とするなら、僕たちみたいに毎年そういう形でできなかたったのかと疑問に思います。どっちが正しいとかないですけど、僕たちはDDTに誇りをもっている。このやり方が正しいと思ってる。あなたの考え方を否定しないけど、言われたからには黙ってられない。DDTスタイルを貫いて、大人げない大人の僕たち、全力のピーターパンが試合を見せてやります」と話した。

 納谷は「紆余曲折あって、DDTにいます。大好きなDDTをバカにするなら、とことんやってやる」と、吉村は「意気込みもクソも、今までやってきたことを否定されてる。やってきたことを全部ぶつけたい。向こうが受け止められるかどうか分からないけど」と、樋口は「紙(誌)面、SNSでどうのこうの言ってますけど。DDTが培ってきたスタイルでぶちのめすだけ。それをリング上で見せるだけ。学芸会みたいとか言ってますけど、自分らが彼らに勝ったら痛快」と語った。

 DDTきっての“武闘派”坂口は「ノアなんて全く興味ない。いろいろあってDDTにいる。命張って、体張って、お客さんを楽しませて一生懸命やってる。副業だ、本業だと言うのなら、俺は総合のときからずっとやってきた。俺の人生を否定された気分。今日から試合終わって、街で会ったら、絶対に目を合わせるなよ。殺してやるから」と吐き捨てた。

 最後に高木は「みんなのコメント聞くかぎり、自分たちは一つになってると思うし、全く怖くないとキッパリ。彰人は「発言してるのは拳王さんだけ。僕たちと試合する気があるのかすら分からない。後ろについてる金魚のフンにしか見えない。本当にさいたまに来るのか定かでない」と述べた。

CyberFight Festival 2021
日時:2021年6月6日(日)開場12:00開始14:00
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

第八試合 DDTvs金剛全面対抗12人タッグマッチ 30分一本勝負
高木三四郎&彰人&樋口和貞&坂口征夫&吉村直巳&納谷幸男 
vs 
拳王&中嶋勝彦&征矢学&覇王&仁王&タダスケ

〈写真提供:CyberFight〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事