【WWE】中邑真輔がキング・コービンとの“キング対決”に敗戦も王冠は死守

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間6月5日、フロリダ州タンパのイングリングセンター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“キング・オブ・ストロングスタイル”中邑真輔(with リック・ブーグス)が因縁のキング・コービンに敗戦して一時王冠を奪われるも、ハイキックでコービンを襲撃してブーグスと共に王冠を死守した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ブーグスのギター演奏と共にド派手に入場した中邑真輔は王冠奪還を狙うコービンと一騎打ちで激突するとアーム・バーやSTOで攻め込んだが、最後はコービンの強引な丸め込みで3カウント。

中邑は“キング対決”に敗戦してコービンに王冠を奪い取られてしまう。しかし、中邑はブーグスが場外でコービンの足を捕まえた隙にハイキックを叩き込むと王冠を死守してブーグスのギター演奏と共に会場を後にした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後、中邑は「王冠を再び死守した。試合には負けたかもしれないが王冠は守り抜いたぞ」と英語でインタビューに答えてブーグスと雄叫びを上げた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事