【ZERO1】松永準也、日力源太がPCR検査で陽性判定、濃厚接触者も含め欠場!6.11新木場大会は大幅にカード変更へ

プロレスリングZERO1は5日、松永準也、日力源太がPCR検査で陽性判定を受け、それに伴う濃厚接触者の欠場を発表した。

以下、リリースより

プロレスリングZERO1では所属選手全員の定期的な検査を行っておりますが、松永準也選手、日力源太選手、両名の検査結果に疑わしき点があったため、医療機関のPCR検査を実施致しました。

その結果、松永選手、日力選手が陽性と判定され、保健所から北村彰基選手、馬場拓海選手、ハートリー・ジャクソン選手、クリス・ヴァイス選手、星野良練習生が濃厚接触者との認定を受けました。

この結果を受けまして、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、来場されるお客様、他の選手、スタッフの安全を考慮し、先に濃厚接触者と認定されました太嘉文選手を含めた7選手は、6/11新木場大会を欠場とさせて頂きます。

このため、当初予定していた対戦カードが大幅に変更となります。
出場予定選手の試合を楽しみにされていた、ファンの皆様には深くお詫びを申し上げます。

変更対戦カードは、決まり次第ご報告させて頂きます。

また、管轄保健所より「5/30後楽園大会にご来場頂きましたお客様は、『濃厚接触者には当たらない』と回答を頂いていますことを、重ねてご報告いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事