【東京女子】荒井優希がデビュー2戦目でタップ負け!さいたま伊藤リスペクト軍団は崩壊か?6.6 CyberFight Festival 2021

6日、CyberFightグループに所属する4団体(プロレスリング・ノア、DDTプロレスリング、東京女子プロレス、ガンバレプロレス)がさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて『CyberFight Festival 2021』を開催した。

第五試合では東京女子プロレス提供試合が行われ、デビュー2戦目となる荒井優希が乃蒼ヒカリ・瑞希とタッグを組み、首ドルの伊藤麻希・グラドルの上福ゆき・ギャルモデルの小橋マリカ組と対戦した。

試合は伊藤麻希が荒井優希をしぼり上げてタップアウト勝ち。試合後のバックステージでは調子に乗る伊藤であったが、チームメイトのさいたま伊藤リスペクト軍団2021はあっけなく解散状態に。一方の荒井優希は次なる一戦にシングル戦が組まれることが甲田代表より発表となり、当初月1ペースで試合をする予定が6月だけで3戦の予定が組まれることとなり、女子レスラーとしての比重を強めながら歩む姿勢の発表となった。

CyberFight Festival 2021
【日時】2021年6月6日
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
【観衆】4800人(超満員)

試合経過は下記の通り

ボストンクラブにとらえられた荒井は必死にロープエスケープ

伊藤と対峙した荒井は感情むき出しでぶつかっていく

自身の必殺技Finallyを決める荒井

瑞希のSNSでバズった話題の技「渦飴」も炸裂した。

最後は伊藤の拷問式ボストンクラブ(伊藤パニッシュ)で荒井優希がタップアウト

▼第五試合 東京女子プロレス提供試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&瑞希&●荒井優希 vs 伊藤麻希○&上福ゆき&小橋マリカ
13分2秒 伊藤パニッシュ

荒井優希の試合を初めて目の当たりにした解説の松井珠理奈さんは感動の嵐で東京女子の試合を必ず観にいくと約束

最後まで伊藤は荒井優希を挑発。両者の戦いはまだまだ終わらない…

<バックステージ>

伊藤 いいですか?さいたま伊藤リスペクト軍団2021は、こんなもんですよ。もう今日なんて楽勝。でもみんなのおかげで勝てたんで、もっと上にいきましょう、皆さんでね。リスペクト軍団の皆さんはね、わかってると思いますけど、さいたまスーパーアリーナで満足してらんないですよね? もっと上に、世界に羽ばたいていかないと。

上福 いける、いける、いける。ビジネスだからさ、さすがに先輩だし、ずっと言うのはしんどくないですか? 何で伊藤様とか言わなきゃいけないの?好きだけど、友達だけど、様とかちょっとないんじゃない?

小橋 なんか違う。そういうことじゃないし。

上福 マジかっこいいっす。お疲れ

小橋 楽しかった。お疲れちゃん

上福 楽しかったよね?

小橋 楽しかった

※上福と小橋が伊藤の元を去る。一人残された伊藤は一礼して去る

乃蒼 自分もチャンピオンとして、荒井さんの勝利につなげたかった部分があるので、すごく悔しいんですけど、こうして瑞希さんと一緒に荒井さんの勝利への道を一歩、二歩、三歩多くは導けたのかなと思います。勝って初勝利してほしかったんですけど、もっともっと3人で強くなって、東京女子をもっともっと広めていきたいなと思います。

荒井 デビュー2戦目ということで、まだまだ慣れないことが多くて緊張もしたんですけど、乃蒼さんと瑞希さんがサポートしてくださったり、いろんなことを教えてくださって、東京女子プロレスの関係がすごくいいことだと感じました。今回は初めての有観客で皆様の温かい拍手が凄い届いて、有観客のパワーは凄いなと思いました。皆さんの応援で凄く力がわいたんですけど、勝利にまでは届かなくて、まだだだなと思った部分も多いんですけど、まだ2回目なんで、これからに期待してくださるとうれしいです。

瑞希 やっぱり勝ちたかったなというのが一番で、勝ってほしかったなっていう気持ちでいっぱいで、サポートできなかったのはすごく悔しいし、自分でももっともっとなんだなって思ったんですけど、最後を託せるぐらいすごい頼もしかったし、目つきとかもすごいカッコよかったから、これからは仲間として、ライバルとして、みんなでもっともっと楽しいとか、悔しいとか、いろんな気持ちになりながら東京女子プロレス大きくなっていけたらなと思います。

――リングサイドに松井珠理奈さんがいたが

荒井 凄く不思議な気持ちで、でもやっぱり私がすごくつらいときに目の前で珠理ちゃんが『頑張って』とか応援してくれたのが本当にうれしかったし、本当は珠理ちゃんの前で勝てるのが一番よかったんですけど、デビュー戦より少しでも成長したなって思ってもらえてたら、とりあえず一歩かなと思うので。またきっと見に来てくれると思うから、それまでいっぱい練習して強くなりたいと思いました。

――今後どういうレスラーになりたい

荒井 やっぱり、まだまだ先輩方の支えがないと使えるものしか出せなかったり、未熟な部分が多いので、一人でも戦えるぐらい、いろんな技を身につけて、もっとできることを増やして、カカト落としもきれいに決めれるようになりたいなと思います。

――当初は月1回の参戦予定だったが

甲田代表 6月が今日と17日の後楽園大会、26日両国KFCホール大会の参戦が決まっています。本人からの希望がありました。

荒井 自分が名古屋にいる間に先輩方が試合してるのを見て、やっぱり新人である自分が先輩方の試合を見てると凄く焦る部分が大きくて、練習も試合ももっとやりたいって自分から言って。今回、当初の予定よりも出させていただくことになったので、毎回成長できるように、出るからにはしっかり変化を見せれるように頑張りたいなと思います。

甲田代表 次は6月16日の後楽園ホール大会。まだ本人に言ってなかったんですけど、今日の試合を見て決めようと思ったんですが、デビュー戦よりもしっかりとできたと思いますので、まだ一人じゃ何もできないと言ってたんですけど、初めてのシングルマッチを6月17日後楽園ホールでやりたいと思っております。対戦相手はまた後日発表になりますが、シングルマッチは決定です。

荒井 えぇ、そんな感じ? シングルマッチまだ全然やったことがないのでわからないんですけど、苦しいときにも助けてくれない…。大丈夫かな。凄い心配なんですけど、あと2週間ぐらいかな。結構短いですけど、今のままでは瞬殺でやられてしまうので、やれることを増やします。みてください。

――AKBグループとして立ったこともあるさいたまスーパーアリーナにプロレスラーとして立ったが

荒井 やっぱり緊張が気にならないなって凄く思いました。今まで何度か立たせていただいている会場ではあったので、会場自体への緊張とかは私はあんまりなくて、それはSKEでやらせてもらってた部分が凄く助かったというか、そのことへの緊張はなかったので助かったなというのと、一人で1対1のリングに立つことって、もちろんですけどアイドルではない経験なので、本当に皆さんに助けていただいてるなっていう緊張感が凄くて。それがプロレスの面白いところだなと思うので、またいろんな会場に出てみたいなと思います。

 

なお本大会はWRESTLE UNIVERSEでライブ配信された。アーカイブもUNIVERSEで視聴可能だ。

CyberFightFestival2021の各試合結果は下記の通り

▼STARTING BATTLE KICKOFF 東京女子プロレス提供10人タッグマッチ~鳥喰かやデビュー戦 15分一本勝負
角田奈穂&らく&原宿ぽむ&●桐生真弥&鳥喰かや vs 舞海魅星○&鈴芽&猫はるな&宮本もか&遠藤有栖
12分29秒 片エビ固め
※ラリアット

▼STARTING BATTLE 時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負 
○アントーニオ本多<12> vs 井上雅央●<5>
22分31秒 横入り式エビ固め
※< >内は入場順。
【退場順】
①○火野裕士<11> vs まなせゆうな●<10>
11分11秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○みんな vs 大石真翔●<2>/岡田佑介●<8>
11分31秒 体固め
※押さえ込む。
③○谷口周平<5> vs 桜井鷲●<9>
12分57秒 片エビ固め
※ファンキー・プレス
④○火野裕士 vs 高鹿佑也●<3>
13分6秒 体固め
※ダイビング・ボディープレス
⑤○井上雅央 vs 谷津嘉章●<1>
14分4秒 横入り式エビ固め
⑥○齋藤彰俊<5> vs 平田一喜●<4>
16分31秒 片エビ固め
※スイクルデス
⑦○モハメドヨネ<5>/○大鷲透<7> vs 火野裕士●/谷口周平●
17分11秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑧○井上雅央 vs 齋藤彰俊●
18分51秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑨○モハメドヨネ vs 赤井沙希●<6>
19分27秒 体固め
※キン肉バスター
⑩○大鷲透<7> vs モハメドヨネ●
19分3秒 十字架固め
⑪○アントーニオ本多/○井上雅央 vs 大鷲透●
19分4秒 エビ固め
※十字架固めをひっくり返す。

▼STARTING BATTLE MAIN ガンバレ☆プロレス提供試合 15分一本勝負
大家健&石井慧介&●翔太 vs 勝村周一朗&岩崎孝樹○&今成夢人
8分43秒 片エビ固め
※垂直落下式リバースDDT

▼オープニングマッチ DDTvsNOAH対抗戦 15分一本勝負
飯野雄貴&●小嶋斗偉 vs 宮脇純太○&岡田欣也
7分39秒 変形腕ひしぎ逆十字固め

▼第二試合 東京女子プロレス提供3WAYタッグマッチ 15分一本勝負
辰巳リカ&渡辺未詩 vs ○中島翔子&ハイパーミサヲ vs 天満のどか&愛野ユキ●
8分4秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

▼第三試合 DDTvsNOAH対抗戦 20分一本勝負
男色ディーノ&●スーパー・ササダンゴ・マシン vs 杉浦貴○&桜庭和志
9分25秒 体固め
※オリンピック予選スラム

▼第四試合 DDTvsNOAH対抗戦 20分一本勝負
●岡谷英樹 vs マサ北宮○
2分25秒 監獄固め

▼第五試合 東京女子プロレス提供試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&瑞希&●荒井優希 vs 伊藤麻希○&上福ゆき&小橋マリカ
13分2秒 伊藤パニッシュ

▼第六試合 NOAH提供試合 30分一本勝負
小峠篤司&○原田大輔&大原はじめ vs 小川良成&HAYATA&吉岡世起●
13分33秒 片山ジャーマン・スープレックス・ホールド

▼第七試合 DDT提供試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&勝俣瞬馬&●MAO vs 佐々木大輔○&遠藤哲哉&高尾蒼馬withマッド・ポーリー
14分36秒 クロスオーバー・フェースロック

▼第八試合 DDTvs金剛全面対抗12人タッグマッチ 30分一本勝負
○高木三四郎&彰人&樋口和貞&坂口征夫&吉村直巳&納谷幸男 vs 拳王&中嶋勝彦&征矢学&覇王●&仁王&タダスケ
19分59秒 エビ固め
※シットダウンひまわりボム

▼第九試合 DDTvsNOAH対抗戦 30分一本勝負
竹下幸之介&○上野勇希 vs 清宮海斗●&稲村愛輝
17分51秒 片エビ固め
※BME

▼トリプルメインイベントⅠ プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 坂崎ユカ●<挑戦者>
16分36秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が初防衛に成功。

▼トリプルメインイベントⅡ KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○秋山準 vs HARASHIMA●<挑戦者>
18分53秒 TKO勝ち
※フロント・ネックロック→レフェリーストップ。第76代王者が3度目の防衛に成功。

▼トリプルメインイベントⅢ GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●武藤敬司 vs 丸藤正道○<挑戦者>
23分30秒 体固め
※虎王・零。武藤が3度目の防衛に失敗、丸藤が第35代王者となる。

(写真提供:CyberFight)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事