【新日本】飯伏がカミゴェでコブとの因縁対決を制す!「まだまだやりたいことがたくさんあるんで。」

新日本プロレスは6月7日(月)、大阪・大阪城ホールで『DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL』をスライド開催した。

第4試合は因縁深まる飯伏幸太とジェフ・コブの一騎打ちが、ついに実現。

破壊力を増すコブのパワーと飯伏のキレのある技が交差する展開であったが終盤、飯伏のカミゴェが炸裂し、紙一重の差で勝利した。

勝利した飯伏は試合後のバックステージで「このシリーズを通して、年齢は一緒ですけど、(プロの)キャリアでは劣るジェフ・コブに、いろんなものを学ばせてもらいましたよ。ええ。やはり、キャリアで勝ったようなもの。」と語った。

『DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL』
日時:2021年6月7日(月) 17:00開場 18:00開始
会場:大阪・大阪城ホール
観衆:3,045人

<試合結果>

▼第4試合 60分1本勝負
スペシャルシングルマッチ
飯伏 幸太 〇
vs
ジェフ・コブ ×
19分54秒  カミゴェ→片エビ固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2