【全日本】巴戦を制したジェイク・リーが三冠初戴冠!6.26 大田区「2021 Champions Night ~三冠統一の地から 50周年への飛翔~」

全日本プロレスは26日、東京・大田区総合体育館にて『2021 Champions Night ~三冠統一の地から 50周年への飛翔~』を開催した。

メインイベントでは三冠ヘビー級王座をかけた3者による巴戦が行われ、宮原健斗と青柳優馬に連勝したジェイク・リーが悲願の三冠初戴冠となった。

この日の三冠戦は王者・諏訪魔とCC優勝のジェイク・リーによる一戦となる予定だったが、直前に諏訪魔が新型コロナウイルス陽性の診断を受けて欠場と三冠ヘビーのベルト返上を申し出。この発表を受けたジェイクが控室にいる全選手に三冠をかけて試合をやる奴はいないか?と呼びかけこれに応じた宮原健斗と青柳優馬とによる3人での巴戦で三冠王者を決める戦いが決定していた。

2021 Champions Night ~三冠統一の地から 50周年への飛翔~

【日時】2021年6月26日(土) 開始16:00
【会場】東京・大田区総合体育館
【観衆】1480人

 

巴戦の経過と試合結果は下記の通り

第1試合は宮原健斗と青柳優馬によるNEXTREME対決

▼第10試合  メインイベント 
三冠ヘビー級王座決定巴戦・第1試合
〇宮原健斗 vs ×青柳優馬

18分28秒 シャットダウンスープレックスホールド

 

2試合目は勝利した宮原健斗と2021チャンピオン・カーニバル優勝のジェイク・リーの対決

三冠ヘビー級王座決定巴戦・第2試合

×宮原健斗 vs 〇ジェイク・リー

10分09秒 バックドロップ→片エビ固め

 

3試合目は宮原に勝利し三冠へ王手をかけたジェイクと青柳の試合に

三冠ヘビー級王座決定巴戦・第3試合

〇ジェイク・リー vs ×青柳優馬

19分04秒 D4C→片エビ固め

※ジェイク・リーが第64代 三冠ヘビー級王者となる

宮原健斗と青柳優馬に連勝し三冠ヘビーのベルトを初戴冠したジェイク・リー

ジェイク「人生は挑戦だ。これは先人たちの言葉だ。挑戦し続ければ、見ろ、この結果を。どんな形でも諦めなければ形にはなる」

試合後には芦野祥太郎とチャンピオン・カーニバルでジェイク、宮原、青柳に勝利している石川修司が次期挑戦者に名乗りを上げた。ジェイクは石川vs芦野の勝者を挑戦者として認めると発言。

ジェイク「諏訪魔、オマエ見てんだろ?それか聞いてるだろ?今日の結果。オマエとの戦い終わったわけじゃないんだよ。俺はオマエを倒して全日本の専務に集中させてやる」

新たなユニットを結成し、CC制覇、諏訪魔のコロナ罹患など数多くの困難を乗り越えて三冠統一の地、大田区総合体育館で悲願の三冠獲得となったジェイク・リー。果たしてどんなチャンピオンロードを歩むのか、注目だ。

(写真提供:伊藤ミチタカ氏)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事