【ガンプロ】ガンプロレギュラー参戦の大谷晋二郎が入江茂弘&岩崎孝樹とバチバチの“熱闘”を展開!「僕と当たることで火がつくレスラーもいると思う」

CyberFight傘下のガンバレ☆プロレスが6月27日、東京・板橋グリーンホールで、「イレイザーヘッド2021」を開催。同大会からレギュラー参戦となった大谷晋二郎(ZERO1)が熱い闘いを繰り広げ、同団体に新たな風を吹かせた。

 この日、大谷はセミファイナルに登場し、島谷常寛と“山口出身コンビ”を結成し、入江茂弘、岩崎孝樹組と対戦。

大谷は入江、岩崎とチョップ、エルボーの激しい打ち合いを見せるなど、バチバチのファイトを展開。

パートナーの島谷は捕まる場面も多かったが大奮闘して、大谷をアシスト。最後は岩崎がテキサス・クローバー・ホールドで島谷を絞め上げてギブアップを奪った。

 大谷は「負けたのは悔しいけど、ノブ(島谷)の一生懸命闘う姿を見て、グッときた。僕は常にこなす試合はしたくないと思ってる。どんな試合でも、その大会しかこられないお客さんもいるんだから。そのお客さんに何を訴えるか。岩崎、入江、向かってくるあの2人の表情に引き込まれた。燃え上がったというか。次は誰が相手なのか? 前回の鷲田(桜井鷲)にしろ、今回のパートナー、相手、みんな当たりたい。僕と毎回熱いプロレスを繰り広げてくれるプロレスラーに感謝ですね。僕と当たることで火がつくレスラーもいると思う。どんどん大谷晋二郎をきっかけに利用してほしい。僕もガンプロ参戦きっかけで、新しい大谷晋二郎をつくっていきたい。非常に充実感がある試合だった」と目を輝かせた。

 一方、岩崎は「武者震いした。この団体の低いハードルを、もっと高いハードルにしていく。大谷選手、ここに熱い闘いをしにきてくれてありがとうございます。受けて立ってあげますよ。真っ向からいきます」と発言。さらに、「(シングルを)やるときは必ずくると思う。牙を磨き続けて、いってやりますよ。こっちの熱も負けてないんで」とシングル戦を見据えていた。

【大会名】イレイザーヘッド2021
【日時】2021年6月27日(日)
【会場】東京・板橋グリーンホール
【観衆】110人(超満員札止め)

第一試合 第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント準決勝 時間無制限一本勝負
<Weekend Lovers>朱崇花&●冨永真一郎 
vs 
<ハルカゼ興業>石井慧介○&HARUKAZE
7分31秒 回転エビ固め

第二試合 第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント準決勝 時間無制限一本勝負
<春勝蹴闘>○勝村周一朗&春日萌花 
vs 
<逆噴射紫炎軍>今成夢人●&まなせゆうな
11分38秒 三角絞め

第三試合 ジャケットマッチ 30分一本勝負
○大家健 vs チェリー●
7分56秒 反則勝ち
※帯での絞首刑

第四試合 ストリートファイト4WAYマッチ 30分一本勝負
翔太 vs ○ミス・モンゴル vs 松本都● vs 青木いつ希
0分34秒 片エビ固め
※ラリアット。あと2人は翔太、青木いつ希。

再試合 30分一本勝負
●翔太 vs ミス・モンゴル○ vs 松本都 vs 青木いつ希
15分56秒 片エビ固め
※ラリアット。あと2人は松本都、青木いつ希。

セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
大谷晋二郎&●島谷常寛 
vs 
入江茂弘&岩崎孝樹○
23分00秒 テキサス・クローバー・ホールド

メインイベント 第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント決勝戦 時間無制限一本勝負
<ハルカゼ興業>石井慧介&●HARUKAZE 
vs 
<春勝蹴闘>勝村周一朗&春日萌花○
18分25秒 片エビ固め
※ダイビング・フットスタンプ。春勝蹴闘が第1回ガンプロミックスト・タッグトーナメント優勝。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事