【新日本】第三世代vsCHAOSのシングル3番勝負が実現!NEVER6人タッグ前哨戦は王者組が2勝1敗で勝ち越し<7.1東京・後楽園大会:全試合結果>

新日本プロレスは7月1日(木)、後楽園ホールで『KIZUNA ROAD 2021』第11戦を開催した。

第3試合、第4試合、第5試合に第三世代vsCHAOSのシングルマッチがラインナップ。

7.2後楽園で行われるNEVER無差別級6人タッグ選手権の最終前哨戦として、王者チームの後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHIが第三世代トリオ天山広吉&小島聡&永田裕志とのシングルマッチに挑んだ。

試合はYOSHI-HASHIvs天山広吉、後藤洋央紀vs小島聡、石井智宏vs永田裕志がそれぞれシングルで対決し、2勝1敗で王者組が勝ち越した。

映画『ゴジラvsコング』Presents KIZUNA ROAD 2021
日時:2021年7月1日(木) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:290人

<試合結果・試合後バックステージコメント>

▼第1試合 30分1本勝負
DOUKI 〇
金丸 義信
エル・デスペラード 
vs
邪道
エル・ファンタズモ
石森 太二 〇
10分22秒  ブラディ―クロス→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

ファンタズモ「(※自分のTシャツを持ってやってきて)サッポロ目指して今日も一丁上がりだ。特に話すこともないな…せっかくだから俺の新作Tシャツの宣伝をさせてもらおうか。(※と、Tシャツを広げて見せる)カッコいいだろ?」

石森「おお~!」

ファンタズモ「サンキュー。明日(ファンの)誰かにプレゼントしてやってもいいかな」

石森「デスペ、チャンピオン、様! ツイッターでも見てくれたと思うけど、俺は手に入れたいものを、必ず! 手に入れたい人間なんだ。俺が、ここにいる限り、オマエのやりたい楽しい夢を目指すなんて、させねぇし、あり得ねぇから! ハハハハハ!(※と、先に控室へ)」

ファンタズモ「(コメントは)終わったか?(※控室に向かいながら、ビデオカメラにTシャツを見せびらかして)俺のTシャツが欲しければ、ツイッターで新日本公式アカウントに早く発売して欲しいと呟いてくれ。でなければ秋まで販売されないかも。じゃ、BULLET CLUBイチかわいいタッグチームの俺たちはこれにて失礼するぞ!」

※邪道はノーコメント

デスペラード「ま、しゃーねぇ。疑惑の右脚を腹に受けてりゃ、そりゃ返せねぇや、しょうがねぇ。そんなことじゃ怒んねぇよ」

金丸「何だ、あのチーム? 全くまとまりがねぇな。何だアレ? シングル、決まっただろ? よく見とけよ、デスペラードを(※と、先に控室へ)」

デスペラード「そういうこっちゃ、よく見とけ。(※向き直って)石森! いやぁ……楽しいぜ。なぁ。何べんも言うけど、負けといて『楽しい』なんて言うなって、そんなこたぁ分かってんだ。そんなつまらんこと言わんでくれよ。ここまで来たらな、何かもう一個、価値がほしいなぁ。ベルトに対してだけじゃなく、俺が石森個人に対して、何かもう一つ……何だろうな。終わった時に分かるのかもしれない。ホントはそんなものないのかもしれない。だけど、楽しみにしてるよ。俺自身楽しみだし。アイツも言ってただろ? 楽しみだって。あともう一個だ、前哨戦!」

※DOUKIはノーコメント

 

▼第2試合 30分1本勝負
BUSHI ×
SANADA
内藤 哲也 
vs
鈴木 みのる
ザック・セイバーJr.
タイチ 〇
12分24秒  聖帝十字陵

 

■試合後バックステージコメント

ザック「いつまでふざけてるんだ? ベルトの前哨戦だってわかってんのか? いつもは無駄口ばっか叩いてるのに(日本語で)キョーハシャベラナイネ?」

タイチ「いつものへらず口どうした? 待ってたんじゃないのか? 3DAYS、3日間。『来い、来い』って言ってただろ、3DAYS。ウチらオフで。探してたんじゃないのか? 言いたいことがあったんじゃないのか? どうした、黙っちゃって! 俺らだってよ、休んでいいねみたいに言われてるけどよ、ただただ休んでたわけじゃねえよ、3日間。俺なんかよ、真面目に毎日家にいて、毎日一人で飲んで、毎日プレステ5やってたんだよ。忙しいんだよ、こっちだって。ただただ休んでたわけじゃねえんだよ。予定はいっぱいあんだよ。それを俺らだけ働かされてるみたいな言い方しやがって。嫌だったらやめてもいいぞ。タイトルマッチをやめてもいいぞ、嫌だったら。何もしゃべることなくなってるじゃん。もっと熱いものくれって言ってんじゃん。何も言わないと伝わんないよ。札幌まで時間ないんだよ」

ザック「ナイトーは大してこのベルトが欲しくないんだろ。タカギがIWGPチャンピオンだから悔しいだけだ。そもそもこのベルトに興味があるようには思えない。仮に欲しかったとしたら何でこれまで一度もSANADAと組まなかった? スポットライトがもらえればそれで満足なんだろ。俺たちが1年かけてこのベルトの価値をやっとここまで高めてきたっていうのに、ナイトーの野郎、ふざけんなよ。ちっとも欲しくもないくせに」

タイチ「俺の札幌のファミリーが待ってんだよ、札幌に来るのを。俺の応援団が3000人ぐらい来る予定なんだよ。そいつらに失礼だろ、内藤。もっと熱いものを見せないと。凡戦で終わっちまうぞ。それともやめるか? どっちだ? 拍子抜けしちまったな。何もしゃべんない。何これ?」

ザック「ツジ&ウエムラに変更してほしいが、会社が受け入れてくれない。仕方ないからナイトー&SANADAとやるしかない。ナイトー、もっと熱くなれよ。今日のお前はいやに静かだった」
タイチ「札幌、内藤&SANADAとやってやってもいいけど、やったそのあと新日本、川田&田上組用意しとけよ。東京ドームだ」

※鈴木はノーコメント

内藤「仙台、名古屋、高岡と3大会連続して偉大なタッグチャンピオンチームであるタイチ選手とザック・セイバーJr選手が会場にいなかったわけで、俺は凄く寂しかったよ。3大会連続して欠場したことが二人にとって凄くプラスに働いてるなって、今日俺は感じましたよ。コンディションも凄く良さそうだしね。安心したよ。

7月11日、札幌大会にて行なわれるIWGPタッグ選手権試合の挑戦者は俺とSANADAなわけで、勢いを見せつけなければいけない立場。今日のリベンジも兼ねて、明日は俺とSANADAの勢いを偉大なタッグチャンピオンチームであるタイチ選手とザック・セイバーJr選手に見せつけてやるぜ。カブロン!」

※SANADA&BUSHIはノーコメント

■次ページ(第三世代vsCHAOSのシングル三番勝負)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

【開催決定】7.29(木)ストロングトークLIVEオンライン Vol.13「高橋ヒロムのもっともっと危険な夜会」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2