【WWE】エッジが6人タッグ前哨戦で敗戦も王者レインズを鉄パイプ・クロスフェイス葬


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間717日、テキサス州ヒューストンのトヨタセンターで行なわれたスマックダウンがライブ配信された。

“R指定の男”エッジがPPV「マネー・イン・ザ・バンク」のユニバーサル王座戦で激突する王者ローマン・レインズとの6人タッグ戦で敗戦するも、試合後にエッジがスピアーからの鉄パイプ・クロスフェイスでレインズを締め上げた。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

有観客を再開したスマックダウンで会長ビンス・マクマホンが登場して「皆はどこにいたんだ?」と満員の観客に声をかけるとオープニング戦ではエッジがレイ&ドミニク・ミステリオとタッグを組んでレインズ&ウーソズと6人タッグ戦で激突。

序盤、エッジがジェイにフラップジャックを放てば、レイがセントーン、ドミニクがスプリングボード・ムーンサルトをジミーに決めて攻め込んだが、交代したレインズは捕まえたドミニクをパワーボムで解説席に叩きつけて反撃した。さらにレインズが場外でドミニクをポストに叩きつければ、エッジがスピアーをレインズに叩き込んで激しい攻防を展開するも最後はレイがジェイのスクール・ボーイで丸め込まれて敗戦となった。


©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはレイ&ドミニクがウーソズに襲撃されて乱闘となるとエッジがパイプ椅子を持ち出してウーソズに襲い掛かったが、レインズもスーパーマンパンチでエッジに反撃。さらにレインズはパイプ椅子からパイプを取り出して追撃を狙うも、エッジが再びスピアーでレインズを沈めると鉄パイプを使ったクロスフェイスでレインズがタップするまで締め上げた。

王者レインズ vs. エッジのユニバーサル王座戦、レイ&ドミニク vs. ウーソズのスマックダウンタッグ王座戦が行われるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間7月19日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事